女性の薄毛・抜け毛の原因と対策

おでこの生え際が薄い女性におすすめの育毛剤紹介!

おでこの生え際が薄い女性|育毛剤を使ってケアしましょう!

前髪を上げて見たら、おでこの生え際が後退してきている・・・そんな症状が出たら、育毛剤を効果的に使って薄毛対策をするのがおすすめです。

生え際の髪の毛が減少傾向の場合、薄毛への道がスタートしている可能性があります。

前髪の量がダウンしただけなら、まだ薄毛とは言い切れません。今後、髪の量が全体的にダウンしてしまうのが一番の悩みの種です。

前髪の次は、分け目やつむじ周辺の髪が薄くなっていく可能性が考えられます。

そのまま頭皮ケアをせずにいると、抜け毛が増えたり、髪の毛が細くなったり薄毛の進行が懸念されます。

そこで、薄毛対策に効果的な女性用育毛剤を使って頭皮ケアをスタートさせることをおすすめしたいです。

↓おでこの生え際が薄くて悩んでいる女性って、やっぱりいらっしゃるようですね↓

育毛剤がおでこの生え際後退になぜ効果的なのかを解説していきます。まずは、おでこの生え際が後退する原因についてご紹介していきますので参考にしてください。

おでこの生え際が後退してしまう原因とは?

女性の薄毛でおでこの生え際が後退する症状は、あまり見られないパターンです。一番多いのは頭頂部(つむじ周辺)を中心として全体が薄くなるびまん性脱毛症が主です

<男性ホルモンの影響が生え際の薄毛に関係している!?>
女性なのに男性ホルモン??と思う人もいるかもしれませんね。女性の体内でも、男性ホルモンは生成されています。量自体は、男性よりも少ないので男性のように体毛が濃くなったり、筋肉量が多くはなりません。

若い年齢(特に10代から20代前半)なら、女性ホルモンの分泌量が多くなり、女性らしさを作る大切な時期です。

女性ホルモンが多い時期は、男性ホルモンが体内にあってもあまり影響を受けません。女性ホルモンが完全に優位な状態だからですね。

しかし、女性ホルモンの分泌量が減り始める20代後半からは、徐々に男性ホルモンの影響を受けやすくなります。年齢を重ねて更年期になると女性の男性化が多くなるのもその為だと言われています。

男性ではおでこの生え際が後退してM字ハゲになる人をよく見かけますが、女性にも同じような症状としておでこの生え際が後退するケースがあります。

男性ホルモンの影響を少なくして、女性ホルモンを多くする。というのが出来れば最高です。が、加齢とともに女性ホルモンが減少してしまうので現実的ではありません。

そこで大切なのが頭皮ケアやヘアケアをすることです。後述しますが、女性用育毛剤の中には「抗男性ホルモン成分」が含まれた育毛剤もあります。そういった成分の入った育毛剤を効果的に使用すること、男性ホルモンの影響を少しでも軽減していきます。

男性を見てみると、生え際が後退する薄毛は症状の進行が早いイメージがあります。出来るだけ早く、生え際への薄毛対策が必要になるので、放置するのは危険大です!

<生活習慣の乱れによる頭皮の血行不良>

ご自分の生活習慣全体のバランスを見返してみて、体に悪影響を与えている事はありませんか?

  • 食生活:インスタント、レトルト、冷凍食品を食べる機会が多いくバランスが悪い。
  • 睡眠:睡眠時間が短い、質が悪い。
  • 運動:殆ど体を動かすことをしない。
  • ダイエット:過度なダイエットで栄養が足りていない。
  • 飲酒:寝る直前までアルコールを摂取したり、おつまみを食べている。
  • 喫煙:タバコを毎日1本でも吸っている。
  • ストレス:日々のストレスが蓄積している。

こういった生活習慣バランスの乱れが要因となって頭皮が血行不良状態に陥ってしまっている可能性が考えられます。

頭皮自体は血管の僻地(へきち)とも呼ばれ、血流が悪くなる場所です。頭頂部の薄毛が起きやすいのには、頭頂部だけ筋肉がありません。前頭部や側頭部、後頭部には筋肉があるので自力で動くことが出来るためにまだ血行不良は起きにくい箇所です。

では、血行不良になるとどうして抜け毛が増えてしまうのでしょうか。

それは、血液中にある栄養が頭皮まで行き届かなくなることが原因です。

特に冷え性は、血行不良により起こるものであるため、頭皮にも栄養が十分行き渡っていない可能性が高く注意が必要です。

また、パソコンやスマホを長時間使うことで目を酷使することも血行不良を招くため、現代人は常に抜け毛のリスクと隣り合わせであるいえるでしょう。

しかし、血行不良の原因を考え改善することができれば、栄養が届けられて髪を再生させることができるかもしれません。

諦めず、1日1日しっかりと確実にケアを行うことが大切です。

女性の抜け毛は血行不良が原因となる?。より引用

それなのに前頭部の生え際が後退しだしたと言う場合には、血行不良によって栄養が運ばれていない可能性を考えないといけません。

栄養を補給してあげることで、生え際の後退を抑制して更に育毛を促進していけます。

そこで手っ取り早い方法が育毛剤によって、栄養をダイレクトに注入していく方法です。育毛剤には育毛に必要な成分を配合しています。頭皮からダイレクトに毛乳頭や毛母細胞に届けられるので効果的です。

女性用育毛剤が効果的な理由は「ダイレクト効果」です。

前述しましたが、生え際が後退してしまう原因を解消させてくれるのが育毛剤です。育毛剤として厚生労働省から認可されたものには薬用育毛成分を一定以上配合しています。

育毛効果のある成分を頭皮から髪の毛の素となる、毛乳頭や毛母細胞へと届けることが出来ます。ダイレクトですから最も手っ取り早い方法です。

また抗男性ホルモン成分を含んでいれば、前述した男性ホルモン対策にもなります。育毛剤を使わない手はありませんよね。

サプリメントやシャンプーでも薄毛対策になりそうですが、育毛剤より効果が薄いのは何故でしょうか?育毛剤が効果的な要因についてお伝えしていきます。

サプリメントやシャンプーじゃダメなの?!育毛剤との違いについて

サプリメントと育毛剤の違い

育毛剤はダイレクト注入なので最も手っ取り方法です。サプリメントの場合、経口摂取になりますので、体内に入ってから頭皮に届くまで時間を要します。

しかも頭皮の血行不良が進んでいる可能性があるので、栄養素自体が行き届いていない可能性もあります。

もちろん、体内からのアプローチも大切ですから、サプリメントを飲んで対策を取るのは良いことです。

ですが、育毛剤よりもサプリメントが効果を発揮する可能性は低いと言わざるを得ません。

シャンプーと育毛剤の違い

シャンプーも育毛剤も頭皮ダイレクトに触れていくのでどちらでも良さそうです。シャンプーは毎日するので、シャンプーで済むなら育毛シャンプーの方が良い気がしますよね。

ですが決定的な違いがあります。それは浸透です!

育毛剤は頭皮に塗布した後に浸透させてますが、シャンプーは浸透させることはありません。浸透させる前に洗い流してしまいますので、シャンプーに育毛成分が入っていても効果は大きくありません。

またノンシリコンは良くて、シリコンは悪いというもの一概に言えないという考え方が定着しつつあります。

現在、シャンプーはノンシリコーンでも、リンスやコンディショナーにシリコーンが入っているブランドが多い理由は、ノンシリコーンのシャンプーで汚れを落とした後、シリコーンのコーティングで髪を守り、傷んだ髪の補修を期待してのことのようです。

 現在のところ、シリコーンが髪に有害であるという積極的な情報はありません。それぞれにメリットとデメリット、また使用者個々の好みもあるので、性質を理解したうえで使い分けるのがよいのではないでしょうか。

独立行政法人 国民生活センター 表示では分かりにくいノンシリコンのヘアケア用品より。引用

シャンプーの役割は育毛よりも頭皮を綺麗な状態にすることです。育毛剤の浸透を妨げるような、毛穴の詰まりなどを除去する上で、シャンプーを使うというのは効果的と言えます。生え際の後退に育毛剤ではなくシャンプーを使うというのは薄毛を進行させてしまい兼ねません。

総合的に判断しても、育毛剤を使う方が、サプリメントやシャンプーを使うより圧倒的におすすめと言えます。

おでこの生え際後退に効果的な育毛剤の選び方

こちらではおでこの生え際が後退したあなたに効果的な育毛剤の選び方について解説していきます。

<しっかりと奥まで浸透してくれるも育毛剤>

頭頂部と比較して生え際などの前頭部は、おでこに近いので皮脂の分泌量が多くなる箇所です。皮脂が多くなるので浸透力のある育毛剤でないと、毛乳頭や毛母細胞、毛根まで届いてくれません。

浸透性に優れた育毛剤の開発が進んでいますが、最近では育毛剤の成分が毛穴に詰まってしまわないように工夫されたものがあります。それを「ナノ化」と呼んでいます。

 実は、このナノという言葉、元々ラテン語で“小人”という意味なのです。そして、“10億分の1”という意味で長さの単位にも使われています。つまりナノメートルは10億分の1メートル、すなわち100万分の1ミリメートルのことになります。

産総研 ナノテクノロジーより。引用

ナノ化された成分は毛穴よりも小さいですから、毛穴で詰まることなく奥まで浸透して行ってくれます。

生え際の後退にナノ化された育毛剤はおすすめです。

<抗男性ホルモン成分を使っている育毛剤>

男性ホルモンの影響を受けている可能性があるので、出来れば抗男性ホルモン成分を使っている育毛剤がおすすめです。

育毛剤で使われている抗男性ホルモンとして有名なのが「イソフラボン」です。イソフラボンは女性ホルモンの分泌を助けたるので、結果として男性ホルモン分泌の抑制にも繋がる成分です。

また「ヒオウギ抽出液」なども抗男性ホルモン成分として育毛剤に配合されているものがあります。

これらの抗男性ホルモン成分が入っている育毛剤、生え際の薄毛対策に積極的に使用したいところです。

生え際後退に効果的な女性専用育毛剤は「ベルタ育毛剤」

生え際後退におすすめしたいのが女性専用育毛剤「ベルタ育毛剤」です。ベルタ育毛剤は前述した2つのポイントである「ナノ化」と「抗男性ホルモン成分」がクリアされた女性専用の育毛剤ですから、効果を実感しやすいのが特徴です。

また他の育毛剤と比較して優れている点も多く見られます。

  • 育毛、頭皮ケア成分が56種類と多い。
  • 無添加が16種類と多いので、敏感肌や乾燥肌にも安心。
  • 天然由来成分が全体の99.6%を占めているので安心安全。
  • 高機能な育毛剤の割に価格が抑えめ。

ベルタ育毛剤の場合には、全ての成分をナノ化している訳ではありません。髪の毛の成長に必要な成分だけをナノ化して、551頭皮環境を改善させる成分については頭皮で留まるようにナノ化していないんですよね。

しっかりと成分の棲み分けをしてくれているので、育毛剤としてのレベルが高いと言えます。

成分配合量に加えて、製品全体の殆どが有効成分や育毛に必要な成分となっています。とにかく無駄なものを限界まで削ぎ落としてくれた育毛剤です。

生え際以外にも薄毛が進行している場合には専門クリニックの無料カウンセリングがおすすめです。

生え際の薄毛が最も気になっている場合、他の薄毛が進行しているのに気づかない場合があります。全体的に薄毛が進行しているのであれば、個人的には専門クリニックを受診するのがおすすめだと思います。

生え際の薄毛だけでなく、進行系の薄毛でしたら、医薬部外品や化粧品よりも医薬品がおすすめになります。

医薬品を使用するには、基本的に医師の診断の元で使用するのがベターです。ミノキシジル入りの塗り薬や、パントガールなどの飲み薬は個人購入する事も出来ますが、副作用の心配があります。

ご自身で勝手に購入して使用した場合には、重篤な副作用になることも考えられます。

専門医のカウンセリングを受けたあとで、相談して医薬品の使用をするか判断するのが良いでしょう。始めから費用の負担を心配する必要が無い、無料カウンセリングがおすすめです。

最近では、女性の薄毛専門クリニックも開設されていて、無料カウンセリングを行っているところも多くなってきています。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=QDUPinNrer0

Q&A

女性でも男性のように生え際がm字になるハゲ方をする可能性はありますか?

一般的には、女性が男性のように前髪の生え際がM字ハゲになる19可能性は低いと言えます。ただし、全くM字ハゲにならないかと言うと、そんな事もありません。

M字ハゲになる原因ですが、男性ホルモンが関係しています。DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが悪さをすることで、M字ハゲになります。

女性よりも男性の方が、より男性ホルモンの分泌が強く多くなるので、生え際のハゲ方がM字ハゲになる可能性が高いです。女性でも、男性ホルモンがゼロという事は無いのでM字ハゲになる可能性はあります。

ただし、可能性としてはそれほど高くはありません。

女性の場合には、全体的にじんわりと薄くなる薄毛タイプが一般的です。

おでこの生え際あたりが薄くなってきた場合には、今後M字ハゲに発展する可能性は有りえます。日頃から生え際に限らず、頭皮全体を育毛剤でしっかりとケアしていきましょう。

女性は男性よりもホルモンバランスが乱れやすい性質です。女性ホルモンのバランスが乱れると体調を壊しやすくなりますので、髪の毛にも悪影響を与えます。

女性の薄毛問題は、男性と比較するとかなり深刻です。ホルモンバランスが崩れだす30代からは、女性ホルモンの低下、男性ホルモンの影響を受けやすくなります。生え際の薄毛に限らず、全体の薄毛にも注意を払う必要が出てきます。

薄い生え際を隠す髪型や方法などはありますか?

生え際が薄くなっている場合に、目立ってしまう髪型は前髪を上げてしまう7髪型です。ポンパドールなど、明らかに前髪を上げて、生え際を目立たせるような髪型だと生え際の薄さが際立ってしまい、バレバレです。

前髪の場合には、頭頂部などのハゲと違って前髪を自然に下ろした状態にしておけば、生え際は隠れるので目立ちません。

生え際の髪の毛が弱っているので、前髪ごと束ねるような髪型は避けるべきです。更に負担がかかってしまい、薄毛を助長してしまう恐れがあるからです。

また、前髪が中途半端に長い状態ですと帽子などを被っていない限り、風の影響を受けて前髪が舞い上がってしまいます。

こうなると、逆におでこが広くなっている生え際が目立ってしまいます。気になってずっと前髪を抑えているもの不自然です。

出来れば、前髪は短めにしておくことで舞い上がりも防げますし、外に出た時に気になる事がありません。長いよりも短い髪の毛の方が、頭皮への負担も小さくなります。

始めからおでこを出し加減にしておけば、必要以上に生え際が目立つことがありません。ちょっとした事ですが、気を使ってみることで生え際の薄毛を助長せずに済みます。

追記:女性の抜け毛や薄毛が目立ち始める年齢はいつごろですか?

当記事を読んでくださった方から、「女性の抜け毛や薄毛が目立ち始める年齢はいつごろですか?」と言うご質問を受けました。

生え際の後退が目立つと言うことだけでなく、女性の薄毛全般に関するご質問でしたが、こちらの記事を読んでの質問だったので、追記の形で掲載させてもらいます。

男性よりも女性は、抜け毛や髪のボリュームダウンになる確率は低いと言えます。これは、周りの方を見れば分かりますが、女性よりも男性の薄毛確率の方が明らかに分かると思います。

男性の薄毛は、局所的にハゲるのが特徴なので見た目にも分かりやすい特徴があります。

女性はどちらかと言えば、局所的ではなく部分的な薄毛や、ジンワリと全体的に薄毛になるケースが多くなっています。

ご質問に対しての答えですが、一概に言えませんが、女性ホルモンの分泌が減り始める20代後半からは薄毛になってもおかしく無いと考えています。個人差はありますが、女性ホルモンの好影響を受けているので若い女性は綺麗な髪の毛をキープ出来ています。

女性ホルモンと髪は関わりが深いので、ホルモン分泌が減ってしまうは、薄毛にも繋がっていきます。薄毛になるかならないか、ホルモンバランスにも影響されるので全ての女性で起きてしまう訳ではありません。

ですが、年齢的には「25歳を超えた女性」は薄毛に対して、しっかりと頭皮ケア・ヘアケアを行う必要があるでしょう。

記事まとめ

生え際が薄くなってきている場合には、男性ホルモンが強く作用している事が考えられます。まずは、おすすめしたベルタ育毛剤を使ってヘアケアを始めていきましょう。

生え際が薄くなってきている場合には、男性ホルモンが強く作用している事が考えられます。まずは、おすすめしたベルタ育毛剤を使ってヘアケアを始めていきましょう。

そして、生活習慣の見直しも合わせて行いましょう。特に、最近は女性のストレス問題が増加傾向にあります。社会進出が増えてきて、その分だけストレスがかさんでしまっている状況です。

うまく頭皮ケアを行いながら、ストレス発散などの生活習慣の改善も行って、薄毛を改善していってください。