女性の薄毛・抜け毛の原因と対策

びまん性脱毛症に対して効果的な育毛剤や専門治療とは?

女性の薄毛「びまん性脱毛症」に効果的な育毛剤や専門治療を紹介!

女性の薄毛の中で、代表的な薄毛と言われるのが「びまん性脱毛症」です。

加齢変化は,女性の場合は更年期前後で脱毛数の増加に気がつく女性が多いことから,毛成長の加齢変化は閉経前後から顕著になると考えられている。しかし年齢に伴う変化は誰にでも生じ,易抜毛性を示したり,1日平均100本以上の著しい脱毛でなければ病的ではない加齢変化と考える.症状は,頭部全域において毛の数が少なくなり,毛が細くなり,毛の伸びが遅くなる.また高年者では皮脂分泌が低下し,髪が乾燥しやすくなり,つやが失われやすくなる。

植木理恵 髪の健康を考える~美しい髪で過ごすには~より。引用

男性ならともかく、女性でしたらまさか自分が薄毛になってしまうなんて!と絶対に思っているはずです。実際、私も薄毛になった時にそう思いましたので・・・・。

髪の毛のトラブルは女性にとって大変気になる深刻な問題ですから、当たり前ですよね。

一刻も早く、薄毛を改善したいと思うのが女性にとって自然な感覚。私も薄毛を経験してきた中で、とても悩み不安な気持ちで日々を過ごしました。

だからこそ、しっかりとした対策法を取る必要がありますし、対策を取れば薄毛の悩みを改善することは十分に可能だと考えています。

びまん性脱毛症に効果的なものが、育毛剤の使用です。育毛剤には薄毛を改善予防する成分が配合されていますので、脱毛を進めないための予防に効果的です。

育毛剤自体は良いものもあれば、良くないものも実際にありますので、育毛剤の選び方について詳しく解説していきます。

専門治療を受けることも選択肢の一つです。薄毛のスペシャリストと相談しながら、びまん性脱毛症の改善を図っていけるので、選択肢の一つに入れるべきでしょう。

育毛剤の選び方と合わせて、専門治療を受ける上で知っておくと良いこともありますので、紹介していきます。

また、びまん性脱毛症になってしまった原因もしっかりと理解しておく必要があります。再度、びまん性脱毛症にならないためにも、対策法と原因を理解した上で、薄毛対策をスタートしていきましょう。

びまん性脱毛症に効果的な育毛剤の選び方

びまん性脱毛症に育毛剤を使って対策をして行く場合、効果的なものを選ぶ必要があります。効果が低いものを選んでしまっては意味がありません。

びまん性脱毛症の原因のところで解説していますが、過度なストレスの排除と合わせて、育毛剤を使用するのが良いと言う記述でした。育毛剤というと、一昔前までは男性が使用するものというイメージでしたが今は違います。

女性用育毛剤や女性向けの育毛剤が販売されるようになり、女性が使用する割合が大きく増加しています。

急速に育毛剤を使用する女性が増えてきているのが、データとして事実分かってきています。最近は、高齢者だけではなく、30代や40代女性に薄毛が増加していきています。10代や20代の若年層でも育毛剤の使用を検討している人も出てきています。

それでは、どのような育毛剤を選ぶ事で、びまん性脱毛症に効果的なのか?を。以下の3つの条件に合わせた育毛剤を使用していきましょう。

<頭皮から毛乳頭まで浸透するもの>

浸透力のある育毛剤を選択するのが第一条件です。

本当の浸透力を求めるなら成分のナノ化が必要です。成分のナノ化とは、極小サイズにして毛穴で詰まることなく、毛根や毛乳頭まで薬用成分が浸透していきます。

ナノ化された育毛剤を使えば、浸透しやすくなり、効果も実感しやすくなるでしょう。

人間の体を作っている細胞の大きさは、ふつう、直径が6〜25 μm程度です。大腸菌の直径は1~2 μmであり、ウイルスの直径は20~800 nmとされ、ノロウイルスでは35~40 nm、肝炎ウイルスでは36 nmです。粒状のナノマテリアルは、大腸菌より1/10~1/100小さく、ノロウイルス等と同程度かさらにそれより小さいものです。ですから、これまで細胞の中に入っていけなかったモノが、細胞の中に入っていけるかもしれず、そのことの利用価値は、とても大きなものです。

東京都健康安全研究センター ナノマテリアルについてより。引用

ただし、毛穴に汚れが詰まっている状態では十分に浸透しない原因となります。シャンプーの残留成分も毛穴の詰まりを招く恐れがあるので注意してください。

<頭皮に対して悪い成分を当て得ないもの>

頭皮に毒を塗るようなことをしては、無意味ですよね。いくら育毛剤が髪の毛や頭皮ケアに良いと言っても、添加物などで悪い成分を配合していれば頭皮環境を悪くし兼ねません。

一つの目安として、添加物の配合に着目することです。添加物は多いよりも、少ない方が安心して使用できそうですよね?

出来れば、完全無添加が最高です。少なくとも、出来る限りの添加物を除いてくれている育毛剤を選択したいところです。

成分をチェックする際には、添加物が多く配合されていないか??を見るのが良い選択になります。

<頭皮の血行促進が期待できるもの>

びまん性脱毛症の場合、局所的なハゲ方では無く全体的に髪の毛が細くなって抜け毛が増え、ボリュームダウンしている特徴があります。

そこで、頭皮を活性化させたいところです!頭皮全体を活性化させるためにも、頭皮の血行を良くすることが大変重要です。

原因で挙げた、過度なストレスや過度なダイエットは、特に頭皮血行を悪くしてしまう要因となります。

血行が悪くなれば、血流に乗って栄養が運ばれなくなるので栄養が髪の毛まで行き渡りづらくなります。薄毛に対しては、頭皮全体の血行促進を図りたいところです。

以上の3つの条件を満たす育毛剤を選んで使用するのが、びまん性脱毛症に効果的だと考えています。しかしながら、この3つの条件をクリアした育毛剤を自分で探すのは大変です。

そこで、私が厳選して女性のびまん性脱毛症におすすめしたい育毛剤を紹介しています。金銭的な面で、お徳に購入して試していける「全額返金保証付きタイプの育毛剤」を優先的に選びました。

人気がある、口コミが良い、と言ったことも大切ですが、3つの条件をクリアしている事はびまん性脱毛症を改善させるには必要な条件だと言えます。

今回紹介する育毛剤は、医薬部外品タイプの育毛剤です。医薬品の育毛剤については、治療薬扱いにあるので病院などで処方してもらうのがベストです。

医薬部外品は治療薬扱いにはならないので、自分で購入して使用しても大きな問題はありません。医薬部外品のメリットは、副作用のリスクが少ないことです。医薬品は身体に作用させる力が強いので、副作用の危険性が高いからです。

おすすめの育毛剤を紹介!

・イクオス
無添加:10種類
全額返金保証付き:45日間
定期コース:5,980円(税抜)

・ベルタ育毛剤
無添加:16種類
全額返金保証付き:90日間
定期コース:3,980円(税抜)

・m-1ミスト
無添加:完全無添加
全額返金保証付き:1ヵ月
定期コース:9,000円(税込)

びまん性脱毛症になっていると言うことですから育毛剤と合わせて、シャンプーやサプリメントの併用も考えてみるのも良いかもしれません。

シャンプーやサプリメントは、育毛剤のような高い効果は見込ないのですが、頭皮環境の改善や体内からのアプローチが出来るので効果が期待できます。

一番良いのは、「育毛剤+シャンプー+サプリメントのトリプルアプローチ」がおすすめです。ただし、金銭的負担が増えてしまうので、まずは育毛剤だけでも始めてください。

びまん性脱毛症で専門治療を受けるなら何科?皮膚科?

びまん性脱毛症の治療方法として病院などで専門的な薄毛治療を受ける方法があります。その際、皮膚科が選択肢として、まず上がってくるはずです。

実は、こちらの(女性の薄毛は病院の何科?皮膚科がおすすめ?)でも書いていますが、皮膚科=薄毛治療の専門家ではありません。

皮膚科に行ったとしても、薄毛に関してあまり知識を持ち合わせていないお医者がいらっします。安易に皮膚科に行って、効果の無い治療法をされてしまうとかえって薄毛の症状を悪化させてしまい兼ねません。

「とりあえず薬を処方して様子をみましょうか!」といった感じになるのが一番最悪です。これなら、「うちでは治療出来ないので他を当たってくれますか?」と言われた方がマシですね。

もし薄毛に対して不安で、病院に行ってみたいようでしたら専門治療を受けられる専門クリニックが良いと思います。

注意点として、薄毛治療は日本国内では保険適用外となっています。治療費については、保険適用外の治療薬が処方されれば安くはありません。治療薬を少しでも安くしたい気持ちで、皮膚科に行くのはおすすめ出来ません。

専門治療でない場合には効果が期待できないからです。治療費を取るか、効率的改善を取るかの選択は必要になります。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ZMtEebHv1i4&t=1s

薄毛治療の専門クリニックに行けば確実に治るの?

びまん性脱毛症になって、専門クリニックに行くのは皮膚科よりも良い選択です。専門クリニックであれば薄毛治療の専門家が頭皮や髪の毛の状態をチェックし、どのような治療法や治療薬が適切か、しっかりと選定してくれます。

もちろんメリットだけではありません。専門クリニックにもデメリットがあって、保険適用外だったり、大きな都市にしかない、そして専門治療を受けたからと言って100%治るとは限らないと言うことです。

専門病院での治療薬として、女性のびまん性脱毛症に効果があるのが「パントガール」と言われる治療薬です。

パントガールが女性の薄毛治療に積極的に使用されるようになったのには、副作用が少ない点が挙がります。有効成分ミノキシジルのように身体への作用が強くないが特徴です。

「ビタミンB1」「D-パントテン酸カルシウム」「ケラチン」「L-シスチン」「パラアミノ安息香酸」などの成分を配合しています。主に栄養を与えるのが目的なのがパントガールです。

今の時点ではパントガールは、びまん性脱毛症の内服薬として最もポピュラーな存在になっています。病院などの薄毛治療薬としてパントガールを処方される機会も増えてくるのではないでしょうか。

びまん性脱毛症になってしまう原因をチェック!

びまん性脱毛症は女性特有の脱毛症で、女性が最もなりやすい薄毛タイプとされています。

頭の広い範囲に均等に病変が起こり、全体の毛が抜けて薄くなります。特に頭頂部の皮膚が透けて見えるようになります。

年齢的には、中年以降の女性によく見られます。男性型脱毛症と同じく、成長することを休んでしまう休止期毛の割合が多くなり、その結果抜け毛が増え脱毛症と進んでいきます。

しかし、男性型脱毛症と異なり、前頭部のヘアライン(生え際)の後退はなく頭皮全体の毛が抜けておりますので、脱毛部の境界がはっきりしません。

日本医学育毛協会 女性のびまん性脱毛症。より引用

びまん性脱毛症は、男性のハゲ方とは違い、局所的にハゲたり、生え際が後退する薄毛ではありません。頭皮全体がジワっと薄くなる脱毛症で、どのくらい脱毛症が進んでいるのか判断しにくのが特徴です。

全体的にボリュームダウンしますが、特に頭頂部で地肌が露出されやすくなります。それでは、原因についてご説明していきます。

ホルモンバランスが崩れる

一つ目の原因が、ホルモンバランスです。ホルモンバランスと聞くと、女性ホルモンが気になるところですよね。

ホルモンバランスが原因となる理由として、女性ホルモンの分泌量低下が原因となります。女性ホルモンは思春期から成人になる時期に、分泌量がどんどん増加していきます。25歳くらいになると、体内で生成される女性ホルモンの量がピークを迎えます。

特徴として、女性ホルモンの分泌が盛んな時期では薄毛トラブルはほとんど起こりません。女性ホルモンに身体が守られているからですね。

しかし、加齢によって女性ホルモンの分泌量は減少し、頭皮トラブル・薄毛トラブルに合いやすくなります。加齢とともに、髪の毛の元となる毛母細胞の細胞分裂が活発では無くなります。これも薄毛になりやすい原因です。

結果的に、ホルモンバランスの乱れや加齢によって、40代以降で薄毛なる女性が多くなる傾向になります。

<生活習慣のバランスが悪い>

二つ目の原因が、生活習慣のバランスが悪くなっている点です。生活習慣には、食事や睡眠、運動などがあります。

食事については、バランスの良さが大切です。アンバランスな食事になると栄養不足になりがちです。食事からはバランス良く栄養を取るように心がけましょう。髪の毛の元となるのが、頭皮の毛細血管を流れてきた栄養です。

栄養不足になれば、毛母細胞に栄養が行かなくなるので髪の毛が育ってくれません。食事では、ビタミンB群や髪の毛の元となるタンパク質(ケラチン)、亜鉛、などを摂取したい所です。

ただし、食事だけではバランスが取れない場合、サプリメントから栄養補給する必要があります。

次に睡眠不足についてです。日々の生活に忙殺されて、睡眠不足に陥っていませんか?睡眠不足とは、本人にとって良い睡眠時間ですが、一般的には6~8時間が睡眠不足では無いと言われています。

あまりに睡眠不足で、時間が短いのは良くありません。同時に睡眠のクオリティーも上げられると更に良いでしょう。

不眠の症状は,さまざまな心身の症状と関連しており,身体疾患や精神疾患などと併存している [5].前述のⅢ-2で紹介した全国調査によれば,慢性不眠の症状(入眠困難や中途覚醒)と関連する心身の症状として,腰痛,心窩部痛,体重減少,頭痛,疲労,心配,いらいら,興味の喪失 [36],併存疾患として,高血圧症,心疾患,糖尿病,筋骨格系疾患,胃・十二指腸潰瘍 [37] が認められた。

国立保健医療科学院統括研究官 日本における睡眠障害の頻度と健康影響より。引用

最後は、運動についてです。運動は適度な運動であれば身体にも良いです。運動不足は肥満に繋がりますし、身体の機能を低下させる原因にもなります。

週3回、1日30分程度の有酸素運動が理想的と言われています。運動不足かな?と心配されている方は生活の一部に運動を取り入れてみてください。

生活習慣の見直しは薄毛対策に必要不可欠な対策ですので、生活習慣を良くしていきましょう。

<過度なダイエットによるもの>

三つ目の原因として、過度なダイエットをあげます。誰しもが、ダイエットにチャレンジしてきた、現在ダイエット中という方がおられると思います。特に、女性は短期間で体重を落とす過度なダイエットをする割合が、男性よりも多いと言われています。

過度なダイエットは、身体にとって確実に栄養不足となります。栄養不足になると髪の毛は生成されにくくなり、抜け毛を増やす要因にもなります。出来れば、栄養不足にならないダイエットが望ましいです。

過度なダイエット自体おすすめ出来ませんが、どうしても急なダイエットをしたい場合、サプリメントを摂取しつつ、育毛剤を使って頭皮ケアを行っておくと、過剰に抜け毛を増やしませんし、薄毛を予防する効果が期待できます。

<過剰なストレス>

四つ目は、過剰なストレスです。ストレスが全く無いという方は稀だと思いますが、過剰なストレスが問題です。過剰なストレスは、身体の調子を悪くする原因になります。

過剰になると、心身に悪い影響を与えますので、髪の毛への影響も否定できません。例えば、過度なストレスによって「円形脱毛症」になるのが分かりやすい例です。

今回はびまん性脱毛症についてですが、髪の毛に対し影響を与えるのがストレスだと言う事です。出来る限り、ストレスを過剰に掛けないようにストレス発散に心がけてください。

びまん性脱毛症になる原因は様々で、決して一つだけとは言えません。加齢によるものが大きいので、誰しもが通る道です。これを避ける対策を考えるよりも、現実を受け止めた頭皮ケアやヘアケアが必要です。

女性が育毛剤を使用するのが増えてきているのが、こういった点です。育毛剤には、髪の毛の成長に必要な栄養が入っていますので、栄養不足になっている頭皮が潤ってくれて、薄毛対策には最適です。

育毛剤と一言でも言っても、色々なタイプのものがあります。私がびまん性脱毛症の人におすすめしたい育毛剤の選び方について、この後解説しています。参考にしてください。

びまん性脱毛症に関する疑問

<女性のびまん性脱毛症とAGAって違うのですか?>

AGAと言うのは男性型脱毛症と言われる薄毛の症状で、びまん性脱毛症とは女性の薄毛を指しています。

AGAになぞらえて、びまん性脱毛症をFAGA(女性男性型脱毛症)と呼んでいます。症状としては全く別物ですが原因としては主に男性ホルモンが関係していると言われています。

原因は男性ホルモン、症状は別物と考えてもらうと良いのではないでしょうか。

<びまん性脱毛症と壮年性脱毛症って違うのですか?>
壮年性脱毛症の壮年とは、働き盛りの31歳から44歳ごろまでを壮年と呼んでいます。つまり31歳から44歳くらいで起こる脱毛症を壮年脱毛症と呼んでいます。

びまん性脱毛症と壮年性脱毛症ですが、年齢の区分けがハッキリしていないだけで同じ症状と言えます。びまん性も壮年性もじんわりと頭頂部辺りを中心にして薄くなります。

<びまん性脱毛症とヘアサイクルは関係していますか?>
ヘアサイクルは全ての薄毛に関係しているサイクルですので、びまん性脱毛症とも関係していると言えます。

もともと、薄毛になってしまう原因にはヘアサイクルの乱れが関係していると言われています。ヘアサイクルは別名「毛周期」と言われていて、髪の毛が生えてから抜け落ちる周期のことです。

 

ヘアサイクルでは、成長期と休止期と退行期があります。元も重要な成長期でしっかり成長できるかが問題です。成長するためには、毛母細胞の細胞分裂が欠かせません。

毛母細胞が細胞分裂すると、髪の毛の元が出来上がっていき髪の毛が伸びていきます。毛母細胞で活発な細胞分裂を起こしてあげるためにも、栄養は欠かせません。

毛乳頭から吸った栄養が毛母細胞に届くと、細胞分裂も起こりやすくなりますので、髪の毛の成長が期待できます。栄養不足になると細胞分裂も弱くなるので、育毛剤でダイレクトに栄養補給してあげるのがおすすめです。

また、加齢とともに細胞分裂は弱まっていきますので、いままで以上に栄養を与えてあげる事も大切です。

ヘアサイクルが正常化しなければ、薄毛が改善される事は無いと言っても言い過ぎてでありません。ポイントは、毛母細胞に栄養を与えてあげる事!

その為にも、おすすめした育毛剤を使って栄養を与えてあげましょう!

記事まとめ

びまん性脱毛症は女性であれば、加齢とともに発症してしまう可能性が高い薄毛です。残念ながら、放置しておいても改善される確率は低いと言えます。

お話したように、対策法として育毛剤の使用や専門治療を受けて、効果的に改善を図ってください。全体的に薄くなるの症状なので、ハゲて見てしまいやすいですし、隠すのが難しい薄毛です。

おすすめは自宅で女性用育毛剤を使ったケアをスタートさせること!そして、6ヵ月ほど使ってみて、効果を確認していきましょう!