女性の薄毛・抜け毛の原因と対策

アトピー女性の抜け毛におすすめできる育毛剤ガイド

アトピー女性の抜け毛におすすめできる育毛剤ガイド

アトピー性皮膚炎の女性でも安全に使用出来る育毛剤を選びましょう。

アトピー女性の抜け毛におすすめできる育毛剤ガイド

頭皮にアトピー性皮膚科が出ると、もろに影響を受けて頭皮に炎症を起こして傷んでしまいます。抜け毛を助長したりして、髪の毛が薄くなる症状、いわゆる薄毛になってしまう場合があります。

私もアトピー性皮膚科を発症して、頭皮の炎症などにより抜け毛が増えてしまった時期がありました。特にアトピーでは、頭皮を掻いてしまうために「掻破性脱毛」を伴います。辛いアトピー性皮膚科でも安心安全に使用する事ができる育毛剤が分かれば、薄毛対策もしやすくなりますよね。

私の経験則と、100種類以上の育毛剤を調査した中からアトピーの女性が使用できる女性用育毛剤を紹介していきます。

育毛剤の選び方を誤ってしまうと、抜け毛や薄毛が改善されないだけでなく、アトピーを悪化させてしまう原因になり兼ねません。あなたに合う育毛剤を使ってヘアケアをスタートさせてください。

敏感頭皮|添加物が少ない育毛剤がおすすめ!

アトピー性皮膚炎の場合、頭皮が弱かったり、敏感肌、乾燥肌、アレルギー肌だったりするのが特徴です。一般的な女性でも頭皮は敏感なのですが、アトピーだと更に状況が悪くなります。

アトピー性皮膚炎の概念・定義は「アトピー性皮膚炎は増悪・寛解を繰り返す 痒(痒み)のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ」1)とされている。ここでアトピー素因というのは、1)気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎などの家族歴・既往歴があるか、あるいは2)IgE抗体を産生しやすい体質をいう。

厚生労働科学研究 アトピー性皮膚炎の概要と基本的治療より。引用

頭皮は元々弱いのにアトピー性皮膚炎だと、ちょっとした刺激にも過敏に反応しやすくなります。

ですから、育毛剤を使う上で配合されている成分が非常に重要になってきます。

成分内に添加物が多くなると、どうしても刺激になりやすいです。女性の場合には、添加物が少ない育毛剤を選ぶことは大切です。

育毛剤で香り付けの為に香料など使っている事がありますが、実は頭皮には良くありません。育毛剤はとにかく頭皮と髪の毛の事だけを考えて製品化されるべきなのです。

使用感を良くしたりだとか、良い香り付けをしたいといった考えが添加物を多くしてしまう要因にもなります。

良い育毛剤と言うのは添加物の使用が少ない製品づくりをしっかりとしています。アトピーで育毛剤を使う場合には、まずは添加物の少ない育毛剤を選んで行きましょう。

女性が育毛剤を使う上で、個人的に避けるべき成分だと思っているのが「メントール」です。メントールが入っていると、使用後に「スースー」した感じになります。

実は、頭皮にはかなりの刺激となるので、アトピーの人が使うと痛みが出たり、痒みを増す恐れがあります。

私も、メントール配合の育毛剤を使用した事がありますが、使用後に痒みが増して最悪でした。とにかく頭皮に刺激となる添加物は極力避けるべきだと実感しています。

万が一の時に備えて「全額返金保証」付きがおすすめ!

万が一の時に備えて「全額返金保証」付きがおすすめ!

アトピー性皮膚炎の場合には、使用してから肌に合うのか?使って行けるのか?を評価することになります。実際に使用感が良くない場合には、頭皮への悪影響が考えられます。

私は市販の育毛剤を使用した際に、買ったはいいけど使ったら肌に合わないので1週間で使用を中止した経験があります。その時にはあまり感じませんでしたが、これってかなり損してますよね(汗)

そういった経験から、万が一の時に備えて全額返金保証付きの育毛剤をおすすめしたいのです。

全額返金保証付きの場合、使用した後でも期間内であれば全額返金してくれる保証になります。期間が設定されているので、期間を超過しない限りは基本的にOKです。

残念ながら私が育毛剤を始めたころは、今のように全額返金保証が付いているものが皆無でした。

市販ものを購入して、肌に合わないから使用を中止。そんな事を繰り返して、お金を捨てていました。全額返金保証付きの育毛剤がある今が羨ましいですね。

一般的には、市販ものには全額返金保証付きはありません。全額返金保証付きは、ネット限定品に付いている事が多いので、全額返金保証が欲しい場合にはそちらから選んでいきましょう。

刺激が少なく全額返金保証が付いている育毛剤を3つ紹介!

前述した2つの条件、「添加物が少ない」「全額返金保証付き」を満たしている育毛剤の中から、更にアトピー女性が安心安全に使用できる育毛剤を3つ紹介していきます。

・マイナチュレ育毛剤

>>マイナチュレ育毛剤の公式サイトはこちら

添加物:「香料・着色料・鉱物油・パラベン・石油系界面活性剤・タール系色素・紫外線吸収剤・合成ポリマー・動物性原料・酸化防止剤・シリコン」の11種類不使用

全額返金保証:180日

・ベルタ育毛剤

>>ベルタ育毛剤の公式サイトはこちら

添加物:「合成香料、天然香料、石油系合成界面活性剤、鉱物油、タール系色素、パラベン、紫外線吸収剤、シリコン、合成ポリマー、殺菌成分、キレート剤、抗酸化剤、ホルモン、ラノリン、アミノ系化合物、天然色素」の16種類不使用

全額返金保証:90日

・薬用ハリモア

>>薬用ハリモアの公式サイトはこちら

添加物:「旧表示指定成分、着色料、香料、鉱物油、タール系色素、紫外線吸収剤、動物性原料、酸化防止剤、パラベン、石油系界面活性剤、シリコン、合成ポリマー、フェノキシエタノール、雑菌剤、合成保存料」の15種類不使用

全額返金保証:30日

専門治療を受けたいなら皮膚科よりも専門クリニックが良い理由とは?

専門治療を受けたいなら皮膚科よりも専門クリニックが良い理由とは?

もしも専門治療を受けたいという考えがあるのでしたら、皮膚科ではなく専門クリニックをおすすめします。専門クリニックと皮膚科の違いはこちら(女性の薄毛治療なら皮膚科がイイの?おすすめの専門治療と育毛剤を紹介!)でも紹介していますが、薄毛治療には専門クリニックです。

アトピー性皮膚炎を治したいなら皮膚科でも良いですが、皮膚科でステロイド剤を長期間に渡って処方される場合があるので注意してください。

私の経験上、ステロイド剤を塗っている期間が長くなると、薬の対する免疫が出来てしまい効かなくなる時期が来ます。

ステロイドの副作用に関しては、多くの皮膚科医は目をつむっていますが、実際副作用があると理解していることでしょう。衆議院では以下の質問が提出されたこともあります。

幼児だけでなく、思春期や成人にも増えているアトピー性皮膚炎の治療には、消炎剤のステロイド外用剤(副じん皮質ホルモン剤)が広く使用されているが、アトピー性皮膚炎は治療期間も長く投薬量も多くなるため、ステロイドの強い副作用に悩まされる患者は跡を絶たない。また長期に投与され続けたステロイド外用剤を中止すると「リバウンド現象」が起き、身体中が痛み、かゆみは極限に達し、皮膚は悲惨な症状になる。従って「ステロイド外用剤を使用しないアトピー性皮膚炎の治療の確立」が早期に必要であり、行政対応が急務であると考え、次の事項について質問する。

六 ステロイド外用剤の長期連用を禁止すべきと考えるが、どうか。明らかにされたい。
七 ステロイド外用剤のリバウンド症状やステロイド依存症、副作用による若年性白内障の発現で苦しむ成人患者の救済制度はあるのか明らかにされたい。

アトピー性皮膚炎治療によるステロイド剤の副作用と被害に関する質問主意書より。引用

また専門クリニックですと、最初からお金が掛かることの無いようにと「無料カウンセリング」を行ってくれるクリニックもあります。無料カウンセリングを受けてみて、頭皮状態を確認した後で治療方針を決めて行くことができます。

その時点でアトピーが酷いようなら、薄毛の専門治療を受ける前にアトピー治療に専念する方が良いと言われるかもしれません。

いずれにしても、皮膚科は薄毛治療の専門家ではありませんので注意してください。

Q&A

<アトピー性皮膚科で頭皮が荒れている人が気をつける事ってなんですか?>

アトピーで頭皮が悪化したり、薬を使っても改善されない場合には頭皮に接触させているものを疑ってください。特に毎日使っているシャンプーやリンス、トリートメントなどには注意が必要です。

シャンプー自体は強い洗浄力を持ち合わせていて、化学物質が大量に使用されています。毎日頭皮に与えているのですから、アトピーが悪化しても不思議ではありませんよね。

シャンプーを使ってすぐに痒みが出る場合には、かなりの確率で頭皮に合っていません。シャンプー自体を洗い流す時に顔や体にも着いてしまうことでアトピーの悪化原因にもなる事があります。

万が一、何も考えないでシャンプーを使っている場合には一度止めてみることで頭皮状態の改善が見られるかもしれません。

とは言っても一度悪化したものが良くなるには数ヶ月単位で見ていきましょう。

アルコール分が頭皮への刺激になると聞きましたが、育毛剤にはアルコールは使われていますか?

はい、殆どの育毛剤でアルコールが使用されています。含有率については、各社で調整しているのでこちらで判断する事は出来ません。

ただし、安価で購入できるものですとアルコールなどの添加物が多くなる傾向にあります。アルコール分を少なくして、製品化するのはお金も掛かるので簡単ではありません。

先程紹介した3つの育毛剤にもアルコールは使用されていますが、比較的少なく含有量だと調査結果を得ています。マイナチュレの場合、通常の3割程度のアルコール量に抑えているそうです。

それでも刺激となる場合もありますので、全額返金保証付きと言うのが重要になります。