女性用育毛剤を購入する前に知っておきたい疑問

女性がプロペシアを使用した際の副作用と効果まとめ

女性がプロペシアを使用したら副作用が出るケースも!?

女性がプロペシアを使用した際の副作用と効果まとめ

プロペシアは医薬品としてAGA治療薬として使用されていますが、女性が使った場合には副作用が出てしまうことはあります。これは男性が使った場合でも副作用はあります。

頭痛や腹痛、性欲減退といった副作用がありますし、女性の場合には妊娠中にはこのプロペシアを使用することで胎児に悪影響を与えることが報告されています。

女性は安易に使用しないほうが良いのがプロペシアですから注意が必要です。またプロペシア錠に安易に触れてしまうのも経口摂取していなくても経皮から吸収される場合もあるのでご注意ください。

Qプロペシアは何に使うのでしょう?
Aプロペシアは頭頂と前中頭部の男性型脱毛の治療に使われます。プロペシアの使用は男性限定です。女性と小児には使用してはいけません。

プロペシア(PROPECIA)に関する一般使用者向け情報より。引用

プロペシアってどんな薬なの?

プロペシアってどんな薬なの?

有効成分「フィナステロイド」から製造されたものをプロペシアと呼んでいて、治療薬として処方されています。元々はフィナステロイド成分は前立腺肥大を改善させる目的で作られた成分です。このフィナステロイドを処方された患者さんのヒゲが濃くなったり体毛が濃くなったりしたことで、注目されるようになったんです。

アメリカで処方され始めたフィナステロイド成分ですが、日本ではフィナステロイド成分を配合したプロペシア錠が厚生労働省に認可されて2005年10月から使われるようになった医薬品です。

このプロペシア錠ですがAGA治療薬として使われるますが、効果があるから医薬品として使われていますが絶対に使ったら良くなるわけでもありません。

しかも初期脱毛という症状によって一時的に抜け毛が増えてしまう場合があります。これは実際に良い状態になっていく上で起こっている場合はあるのですが、ちょっと怖い一面もあります。

抜け毛が一時的にも増えてしまうのは怖いじゃないですか?だって、今でこそ不安になっている上に抜け毛が増えてしまったら耐えれませんよね?

プロペシアにはそういった不安がつきまとっているという事を頭に入れておいてください。

副作用が少ない育毛剤は?

副作用が少ない育毛剤は?

副作用が少ない育毛剤というのは実はあります!医薬品では無くて医薬部外品と呼ばれるタイプの育毛剤です。この医薬部外品も厚生労働省から認可された育毛剤ですから、化粧品のようなタイプとは違って効果効能があると認められています。

ただし、医薬品よりも効果が緩やかですので効果面では医薬品のプロペシアには完全に負けてしまいます。ただ、副作用という面では圧倒的に医薬部外品が少ないと言えます。プロペシアのような危険度の高い副作用はほぼありませんので安心して使っていけるのが特徴ですね。

使っていて頭皮が痒くなってしまう、赤くなってしまうといった症状は出てしまう場合はあります。これは育毛剤の副作用というよりも育毛剤自体が肌にあっていないだけという感じもしますが。

私は、医薬品を使って副作用が出てしまうのがとても心配で怖かったので、医薬部外品の女性用育毛剤を使うようにしました。そんななかでも自分にあった医薬部外品の育毛剤を選び出して、薄毛改善に役立てたって訳なんです!医薬部外品の育毛剤でも効果は期待できますので、副作用が怖い場合には医薬部外品タイプがオススメです。