女性用育毛剤を購入する前に知っておきたい疑問

女性用育毛剤でアルコールフリータイプはこちら!

女性用育毛剤でアルコールフリータイプはこちら!

ノンアルコールタイプの育毛剤は頭皮に優しいのでおすすめです!

女性用育毛剤でアルコールフリータイプはこちら!

女性の頭皮は男性よりも敏感肌でデリケートだと言われています。男性の頭皮であればアルコール入りの育毛剤でも耐えうる可能性があると思いますが、女性にとっては出来ればアルコールフリーの育毛剤を使用したいところです。

育毛剤にとって、アルコールは製品保護のためや、頭皮への清涼感や抗菌作用を与えてくれるので必要となる面もあります。

個人的には、ノンアルコールタイプの育毛剤が最も良いと考えていますが、育毛剤はトータルバランスが大切になります。

今回ご紹介する2種類のノンアルコールタイプの育毛剤ですが、個人的におすすめ出来るタイプの育毛剤です。

ノンアルコールタイプの育毛剤|M-1育毛ミスト

M-1育毛ミストは独自開発した成分を主成分にしていて、世界毛髪研究会議で最優秀を受賞している育毛剤です。アルコール、防腐剤を一切使用していない育毛剤として有名です。

しかも無添加にもこだわっていて、完全無添加育毛剤と言える代物です。

製品としての質は高いのですが、高品質なの比較的お値段が高めの設定になっています。1本当たり(約1ヵ月半使用可)1万円弱と、そこそこ高い値段になります。

値段の問題をクリア出来るなら、こちらのM-1育毛ミストがノンアルコール育毛剤で最もおすすめ出来ます。

ノンアルコールタイプの育毛剤|ミューノアージュ

ミューノアージュは養毛剤と育毛の2本1セットになった女性用育毛剤です。薄毛の専門医とタッグを組んでミューノアージュ育毛剤を開発しています。

ですから、頭皮への優しさが重要だという事を知っているので、ノンアルコールにこだわって居るのだと思います。

ミューノアージュはM-1育毛ミストのように完全無添加ではありませんが、ノンアルコールである事は間違いありません。

デメリットは、ミューノアージュの場合には2本を塗るので1回で2度塗る必要が出てきます。最初は頑張れても、あとあと面倒になるケースが出てきます。

結果が出るまで、継続していけそうであれば価格的にもM-1育毛ミストよりもお手頃なので、おすすめです。

ノンアルコール育毛剤のメリットとデメリットについて

そもそもノンアルコールの定義を知っていますか?ノンアルコールとは、アルコール類が完全に入っていない事を意味していそうですが、実は違うんです!

ノンアルコールとは「エチルアルコールを含んでいないもの」を一般的に言っています。エチルアルコールとは、成分に表示される時には「エタノール」として使われています。

アルコール、エタノール、エチルアルコール、酒精とそれぞれ呼び方は違いますが同じものです。 「アルコール」は広義には、エチルアルコール、メチルアルコール、プロピルアルコールなどアルコール類の総称です。 しかし、一般的にはアルコールといえばエチルアルコールを指します。 「エタノール」は国際化学命名法の呼び名で、「エチルアルコール」は慣用名、「酒精」は日本語の名称です。

経済産業省 中部経済産業局 知っておきたいアルコールの基礎知識より。引用

ですから、「ノンアルコール=エタノールを使っていない」だけであって、必ずしも完全ノンアルコールだと言うことではありません。エタノール以外のアルコールを配合している可能性もあるということです。

ノンアルコール育毛剤のメリットとデメリット

メリット:とにかく頭皮優しいです!

アルコールを使っていないことで、頭皮を傷める心配が無くなります。アルコールは頭皮にとっては良くない成分ですから、配合されていることで頭皮が痒くなったり、赤くなったりする可能性があります。

特にアトピーやアレルギー体質の方ですと、頭皮が敏感でデリケートですからアルコールに反応しやすい面があります。

極端に肌が弱いという方は、ノンアルコール育毛剤がおすすめです。添加物の配合種よりもアルコールの方が頭皮へのダメージは大きくなるので、ノンアルコール育毛剤が良いと言えます。

また、白髪染め・カラーリングなどを行っている場合には、アルコールが入っていると色落ちの原因になる事があります。髪染めを行ってから数日間は使用出来なくなるデメリットもあります。

髪の毛の元となる毛乳頭細胞にアルコールが添加された場合、その影響によって毛乳頭の細胞は死滅するというデータがあります。死滅してしまうと言うことは、細胞分裂が行われなくなるので、髪の毛は成長する事が出来なくなってしまいます。

アルコールの濃度次第という所もありますが、使用した時に「ヒリヒリとする」「頭皮が赤くなる」「頭皮環境が荒れてしまう」という症状が出た場合には、アルコール分がかなり強い育毛剤と言うことになります。使用は控えた方が懸命です。

デメリット:あえて言うなら、使用感がイマイチ!

アルコールが入っている育毛剤は、アルコールの特性を活かしているのでメリットがあります。例えば、アルコールが入っていることで使用感が良くなったり、使用した後に蒸発しやすくなるのでいつまでもベタベタしていません。

清涼感を得たり、肌の引き締め効果もあります。また製品の防腐効果も高まるので、開封後の品質維持にも役立っています。

アルコールが入っていることで、血管の拡張効果も期待できることから頭皮の血行促進効果が期待出来ます。ノンアルコールですと、血流改善効果のある成分を使っていないと頭皮の血行促進に対して効果が低くなると言えます。

このようにノンアルコール、アルコールともに一長一短があります。私個人としては、完全ノンアルコールのものは良いのですが製品的に難しい所もあるので、アルコールを極力セーブしてくれている育毛剤を使用される事をおすすめしています。

「ノンアルコール」「低刺激」「無添加」と言った言葉に踊らされずに、しっかりとその中身を確認した選び方が大切になります。