女性用育毛剤を購入する前に知っておきたい疑問

飲む育毛剤(飲み薬・内服)を女性が使用する際の副作用

女性の内服育毛剤/飲み薬による発毛効果と副作用についてまとめました。

薄毛や抜け毛と言った髪の毛の悩みを抱える女性の数が、ここ最近急増してきています。

原因には、女性ホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れ、過度なダイエット、ストレス、加齢によるもの、などなど様々な原因があると言われています。

そういった女性が薄毛治療を行う上で、飲み薬として内服出来る育毛剤の使用を検討されている方も少なくありません。

こちらの記事では、女性の内服育毛剤についての発毛効果や副作用について詳細をお伝えしていきます。是非、参考にして薄毛対策にしてください。

女性の内服育毛剤/飲み薬の紹介!

パントガールについて

これまで、内服タイプの女性が飲める育毛剤と言うのはありませんでした。このパントガールは、女性が内服できる飲む女性用育毛剤です。

栄養補給をメインとした育毛剤ですから、重篤な副作用の心配は無いと言われています。パントガールは専門クリニックを中心に使用されるケースが増えてきています。

パントガールは女性のびまん性脱毛症に効果を発揮する飲み薬となります。男性の使用も可能ですが、女性専用タイプの内服薬です。

ミノキシジルタブレットについて

ミノキシジルタブレット、通称ミノタブはミノキシジルを主成分とした飲み薬タイプの育毛剤です。ミノキシジルは塗り薬タイプの育毛剤でも広く知られていて、女性でも使用できる育毛剤です。

ミノキシジルは血管拡張効果があり、血行を促進させて栄養が送られやすくなり、結果として髪の毛が生える効果があります。

島根大学医学部附属病院 皮膚科外来にて男性型脱毛症内服治療がスタートより。引用

男女を問わずみられる壮年性脱毛症に対する医薬品としてミノキシジルの外用発毛剤(リアップR)が市販されています。

ミノタブは、日本国内では正式認可されていない内服育毛剤です。医師個人の責任に置いて、ミノタブを処方している方もいらっしゃるようですが、殆どのクリニックや病院ではミノタブの処方はありません。

外用薬タイプのものよりも、内服タイプのミノキシジルは副作用のリスクも高まるからだと言えるのではないでしょうか。

フィナステリド(プロペシア)について

有効成分フィナステリドを配合した、プロペシアは主に男性型脱毛症の治療に使われている内服育毛剤です。

プロペシアに入っているフィナステリドは、脱毛因子を抑制する効果があるので、男性型脱毛症に効果を発揮してくれる飲み薬として使用されるケースがあります。

フィナステリドは女性の使用は基本的に禁止されていて、閉経後であれば医師の判断の元で使用されるケースもあるそうです。

プロペシアなどのフィナステリド系の飲み薬は、男性専用だと思っておいてください。

男性型脱毛の治療に使用されている「プロペシア」(成分名:フィナステリド)については、妊娠中の女性では男の胎児の生殖器に異常を起こすおそれがあることが米国FDAの公表する注意事項に掲載されています。

厚生労働省 プロペシア(PROPECIA)(男性型脱毛症用薬)に関する注意喚起についてより。引用

実際に内服したいなら専門クリニックへ行ってください。

内服が出来る育毛剤を紹介してきましたが、これらは個人輸入や通販で購入する事は出来ない訳ではありません。しかも、病院で処方してもらうよりも安価で購入しやすいメリットがあります。

ですが、こういった飲み薬タイプの育毛剤と言うのは、副作用についての危険性が指摘されています。安く済ませようとするのは当たり前ですが、個人使用した場合には、専門医に診てもらった時によりも危険を伴います。

最近では薄毛治療を専門とするAGAクリニックなどが、開院されてきています。

こういった専門クリニックで、内服する育毛剤を処方してもらうのが一般的となりつつあります。皮膚科でも処方して貰えるのですが、基本的に皮膚科は薄毛専門医ではありません。

医師免許を持って、皮膚科医になっているだけですから、薄毛治療については素人同然の医者も居ます。

専門クリニックの場合ですと、まず飲み薬を処方しても問題ないのか?を検査していきます。これは、東京ビューティークリニックであれば、無料カウンセリングの中に入っています。

無料カウンセリングを受けて、問題が無ければ実際に処方して服用を行っていき、治療過程と診てもらいます。

ですから、個人的に購入する場合には、自分の体に対して飲み薬を使用しても問題無いのか?が分からないという、大きなデメリットが存在します。

市販で販売されているものもありますが、勝手に自分で服用した場合には、誰の責任でもありませんよね。

ご紹介してきた、飲み薬タイプの育毛剤を使ってみたいと考えているなら、まずは専門クリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。

>>無料カウンセリングのある東京ビューティークリニックはこちら

※専門クリニックとは、薄毛治療に特化したクリニックや美容クリニックを指します。クリニック=診療所ですので、医療機関になります。

疑問質問集

内服育毛剤と育毛サプリメントの違いはどこですか?

基本的な所で、内服育毛剤と言われるものは「医薬品」に分類されています。育毛サプリメントと言われるものは、あくまでもサプリメントとしての取り扱いです。

内服育毛剤は実際に薄毛を治療する効果があると、国から認可されたものです。

育毛サプリメントは、あくまでも育毛効果が期待できる成分を使っているサプリメント、という類になります。

治療という観点では、内服育毛剤しか効果はありません。ただし、お伝えしたように副作用の問題があるので、安易に使えないという点もあります。

育毛サプリメントはサプリメントですから、大きな副作用の心配が要らないのが特徴です。

妊娠中や授乳中でも内服育毛剤を飲む事はできますか?

まず、女性が使用可能な内服育毛剤は決まっています。フィナステリドやデュタステリドと言った成分を使った飲み薬は、女性が使用する事は出来ません。

妊娠中や授乳中に使用すれば、胎児への悪影響が懸念されます。

また、ミノタブは女性の使用は可能です。ただし、妊娠中や授乳中に使用すれば副作用が無いと言い切れません。ですから、本来であれば妊娠中や授乳中と言わず、妊活している時点から使用は控えるべきです。(基本的として、飲み薬タイプのミノキシジルは認可外です)

最後に、パントガールについてです。パントガール自体は、医薬品に指定はされていますが、他の内服育毛剤とは少し違いがあります。

パントガールは、栄養分の補給をメインにしている育毛剤だからです。体に作用させて、薄毛を改善させるというよりも髪の毛に栄養を与えて薄毛の改善を図っていきます。

ですから、妊娠中や授乳中でも使用することに大きな問題は無いと言われています。ただし、当然ではありますが大事な赤ちゃんの問題でもありますから、主治医に相談する事をおすすめします。

費用を安く抑えたいのでジェネリック品を購入したいと思っています。ジェネリック版はありますか?

ジェネリック版のある飲み薬もありますが、女性がメインとして使用するパントガールにはありません。パントガールの改良版や類似品と言った類の飲み薬はありますが、おすすめできません。

ジェネリック品ではなく、あくまでも類似品になるのでパントガールと同じような効果があるとは言い切れません。副作用についても、パントガールは副作用が殆ど無いとされていますが、類似品になると分かりません。

どちらにしても、専門クリニックで処方してもらう場合には、個人輸入などで買うよりは安心して使用できると思います。