女性用育毛剤を購入する前に知っておきたい疑問

女性の薄毛は病院の何科?皮膚科がおすすめ?

女性の薄毛は病院の何科?皮膚科がおすすめ?

女性の抜け毛・薄毛問題が急増!専門治療を受けるには何科?皮膚科が最適なのか!?

女性の薄毛は病院の何科?皮膚科がおすすめ?

女性が抜け毛・薄毛に悩むという髪の毛のトラブルが、年々増加していると言われています。頭皮などのヘアトラブルは女性にとっては非常に悩みの深い問題です。

自宅でケアできる方法として、育毛剤やシャンプー、サプリメント、そして生活習慣の見直しなどが挙げられます。私の場合には、これらの自宅ケアで抜け毛や薄毛の問題を改善させる事が出来ました。

ですが、私のように全ての人が自宅ケアだけで対策できるとは限りません。

そうなった時には、病院などで医師に症状を確認してもらう専門的な治療も選択肢に入ってきますが、一番の問題は「皮膚科に行けばいいの?」と言う所です。

薄毛治療=皮膚科、と認識されている方も多いかと思います。【皮膚科に行けば適切な薄毛治療を受ける事が出来るのか?専門治療とはどんな治療なのか?自宅でケア出来る育毛剤は無いのか?】などの問題について、詳しく解説していきます。

あなたに合うヘアケアが出来れば、抜け毛や薄毛の悩みを改善解消する事も出来るはずです。ぜひ、参考にして頂ければ幸いです。

専門治療を受けるなら皮膚科などの病院よりも専門クリニックがおすすめな訳。

専門治療を受けるなら皮膚科などの病院よりも専門クリニックがおすすめな訳。

なぜ、薄毛治療には皮膚科などの病院よりも専門クリニックがおすすめなのか?その理由を皮膚科に行くメリットとデメリットから考えていきましょう。

⇒皮膚科のメリット

  • 資格を持った医師が診察、診療してくれる。
  • 薬を処方してくれる。

資格を持った医師が診察してくれる安心感、薬を処方されることによる期待感などを持つことが出来るメリットがあります。

⇒皮膚科のデメリット

  • 専門外ということで診察してもらえないケースがある。
  • 薄毛に効果が無いステロイド剤などを処方されてるケースがある。
  • 他の病院や産婦人科に行くように勧められるケースがある。

皮膚科に行くメリットもありますが、忙しい大学病気などの皮膚科では、薬を処方して終了してしまうケースや、薄毛治療の専門外ということで他に回されるケースもサイト掲示板やQ&Aサイトで見られました。

基本的な事として、「どんな皮膚科医でも薄毛治療が出来るわけではない」という事です。専門外の薄毛治療を希望される方が来ても適当にあしらったり、薬を処方して様子見というケースが出てしまいます。こういったケースにハマると上手く症状を改善することが難しくなってしまうので、注意が必要です。

ただし、皮膚科に受診して抜け毛や薄毛が改善するケースもあります。それは、「頭皮湿疹や痒みによって抜け毛が増えてしまったケース、円形脱毛症など病的な脱毛症のケース」では、皮膚科での改善も十分に見込めます。

全ての皮膚科医で同じ治療が受けられることは現実的に難しいと言えます。病院Aでは改善されなかったけど、病院Bで改善しました、というケースもありますので薄毛治療に最適と言えません。

ですから、皮膚科よりも専門クリニックがおすすめという事が言えます。

Q&Aサイトでは「皮膚科に行ったら、専門外だから産婦人科に行ってください。」と言われた方がいらっしゃいました。たらい回しにされるの避けるなら、初めから専門クリニックがおすすめでしょう。

それでも皮膚科に行きたい!皮膚科で処方される「フロジン液」ってどんな薬なの?

皮膚科で処方される事が多いのがフロジン液という薬です。このフロジン液はアロビックスとも呼ばれています。

フロジン液に入っている塩化カルプロニウムですが、頭皮の血行を促進させる効果があるとされています。皮膚科では、薄毛に悩んでいる人が受診したら、とりあえずフロジン液を処方しておけばいいでしょう!という考え方があります。

塩化カルプロニウム
塩化カルプロニウム液は,本剤の局所血管拡張作用を円形脱毛症をはじめ各種脱毛症における脱毛防止,発毛促進および乾性脂漏,尋常性白斑の治療に応用した局所用薬剤である。また、発毛促進作用を有し、機能低下状態にある毛嚢に作用して,発毛を促進する。

毛髪用薬(発毛,養毛,ふけ,かゆみ止め用薬等) より。引用

フロジン液自体に効果が無いという訳ではありませんが、薄毛治療の専門家でない医師にとってはフロジン液は利用しやすい薬と言えます。

処方してもらう為だけに皮膚科に通うのは少し残念な選択だと思います。それだったら、普通に販売されている育毛剤を使うのとあまり変わりがありません。

薬だけもらうのは医療行為とは言えませんよね?こういった悪いルーティンに引っかからないようにするのも、薄毛改善には大切な事だと考えています。

効能又は効果/用法及び用量
下記のごとき疾患における脱毛防止ならびに発毛促進
円形脱毛症(多発性円形脱毛症を含む)
悪性脱毛症,び漫性脱毛症,粃糠性脱毛症,壮年性脱毛症,症候性脱毛症など

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 フロジン外用薬5%より。引用

専門クリニックがオススメな理由は「薄毛専門医の診療を受けられる」こと!

専門クリニックが皮膚科よりも優れている点は、薄毛を改善させることに特化しているので、「薄毛治療に精通したスペシャリストの診療を受けられる」という点です。当たり前ですが、しっかり医師の資格を持っています。

皮膚科と大きな違いとしては、しっかりと現状を確認するための「カウンセリング」を行ってくれる点になります。患者の身になって診療していく上で、初期のカウンセリングは欠かせません。

一般的な皮膚科は数をこなすために、患者の気持ちを置き去りにする診療をする所が少なくありません。

最近では、「育毛メソセラピー」と呼ばれる薄毛専門治療が行われるようになってきています。育毛メソセラピーとは、髪の毛についての医療行為を言います。

育毛メソセラピーでは、外用薬の育毛剤や内服薬の育毛剤、頭皮に注射を使って直にビタミン剤やミノキシジルを注射する方法などが行われています。

こういった行為は、専門医師だから出来ることです。どんなに髪に詳しい美容師でも、育毛メソセラピーを行う事は出来ません。

デメリットとしては、専門治療になりますので毎月数万円の治療費を覚悟する必要があります。現在、日本国内では薄毛治療は保険適用外となっています。

残念ながら、安くは無い費用が毎月かかります。この費用が高いと見るのか、安いと見るのかはその人の価値観で変わってきますが、皮膚科で無駄な時間を費やす事を考えれば専門クリニックを選択するのは良い選択肢だと言えるのでは無いでしょうか。

高い医療費は厳しい・・・・そんな人は自宅ケアが出来る育毛剤からスタートしてみては?

専門クリニックのメリットとデメリットを確認してみたけれど、高い医療費を払えそうにない・・・・と行った方もいらっしゃると思います。実際、私も薄毛を改善させたいけど専門クリニックに通うだけの費用の捻出が難しい点があり断念した面がありました。

専門クリニックに通院出来ないからと行って諦めてしまい、何も対策も取らずにいると、ますます抜け毛や薄毛を助長させる事になり兼ねませんよね。

そこでおすすめしたいのが、自宅でヘアケアが出来る育毛剤を利用することです。

私も専門クリニックを諦めて、自宅で始められる育毛剤を始めるようになってから薄毛が徐々に改善されていきました。育毛剤のメリットとデメリットを箇条書きでまとめましたので参考にしてください。

⇒育毛剤のメリット

  • 自宅に居ながら薄毛の改善、抜け毛予防を図れる。
  • 価格帯が5千円以内で購入出来るので専門クリニックよりも安く済む(低コスト)。
  • 医薬部外品なら副作用の心配がいらない。

⇒育毛剤のデメリット

  • 専門治療と比較すると低コストな分、改善までに時間がかかる。
  • 専門医に直に診てもらえないので現状が分からない。
  • 一人で続ける必要があるので継続実践しづらい。

専門クリニックで処方して貰える育毛剤は、医薬品になりますから、市販で購入出来るものもありますが副作用の心配がありおすすめ出来ません。

私は医薬部外品の育毛剤を使っていたのですが、そちらであれば育毛剤として認可されている上で副作用のデメリットがほぼありません※1のでおすすめなんです。

女性の抜け毛や薄毛が急増してきている事もあり、女性が使用できる育毛剤も増えてきています。女性の頭皮は男性よりも敏感肌で乾燥しやすいですので、それに見合った育毛剤を選択する事が大切になります。

もちろんですが、育毛剤を使ったからと行ってすぐに髪の毛生えるといった即効性はありません(汗)これは専門クリニックに受診したとしても同じです。抜け毛を減らしたり、薄毛を改善させるには一定期間※2が必要になります。

私がおすすめする育毛剤を使っても即効性はありませんが、専門治療を受けるよりもコスト面や安全面では優位性があります。そういった面を把握して使用していければ、十分に実感する事も可能だと思います。

ランキングについては、私が100種類以上の市販品やネット通販品を調査した結果、おすすめできるものをランキング化しています。人気にだけに左右されたランキングではありませんので、個人的にはランキング上位品は本当におすすめ出来る物になります。

※1副作用には大小がありますが、医薬部外品は「肌に合わない」「痒みが出た」「頭皮に赤みが出た」といったレベルになります。医薬品の育毛剤の場合には、重篤な疾患を招く恐れがあります。

※2薄毛を招く原因には、ヘアサイクルの乱れがあります。ヘアサイクルの乱れが改善されないと、抜け毛が減ったり薄毛が改善される事はありません。乱れたヘアサイクルが元の状態に戻るには、最低でも3ヵ月から6ヵ月が必要と言われています。ですから、ある程度の期間を考えておく必要があります。

専門治療or自宅ケアのどちらを選べば良いのか?2つのポイントをチェックしてください。

専門治療or自宅ケアのどちらを選べば良いのか?2つのポイントをチェックしてください。

ここまで専門治療と自宅ケアの育毛剤で、抜け毛や薄毛を改善予防させる方法についてメリットとデメリットを交えて紹介してきました。

どちらも一長一短があり、あなたに合う方法を選ぶ事が大切だと思います。

専門治療を選ぶか、自宅ケアを選ぶか、迷っている方もいらっしゃるはずです。そこで、今にあなたにどちらの選択肢が良いのかを2つのポイントを使ってケアを進めて行けるようにしました。

最善の選択が出来る事を願っていますので、ぜひチェックして参考にしてください。

その1:抜け毛や薄毛が気になってきたら、まずは「自宅ケアの育毛剤」で症状を観察する。

抜け毛や薄毛が気になってきた段階では、自宅ケアの育毛剤を使用するのは最善策でおすすめだと考えています。

専門治療を選択する段階は、抜け毛がかなり多くなってきて薄毛が進行してしまっている段階だと思います。この段階まで進んでしまった状態ですと、自宅ケアの育毛剤だけでは改善させるのは難しいかもしれません。

初期段階であれば、専門治療を選択するよりも自宅ケアで様子を見て行くのが最適です。クリニックですと、どうしても費用が高くなります。

女性の抜け毛や薄毛問題は男性とは違って、しっかりとケアを行うことで改善しやすいと言われています。

まずは、私がおすすめしている育毛剤などを使って半年を目安にケアを行ってみましょう。また、生活習慣の見直しも同時に行うことでより効果的に改善が図れます。

その2:自宅ケアで効果に不満を感じたら、「専門クリニック」を受診する。

まずは、自宅ケアで育毛剤を使ったケアからスタートさせます。この方法で不満足な結果となった時には、より専門的な治療を受けることをおすすめします。

専門治療を受けるなら、近場の皮膚科に行くよりも専門クリニックなど専門医に診てもらうのがおすすめだとお伝えしました。

専門医でしっかりとカウンセリングを受けてから、実際に薬を処方してもらって、継続的に観察していきます。ですから、こちらも半年スパンで治療を進めていくことを考えておきましょう。

Q&A

<旦那さんが薄毛治療で「プロペシア」を処方されています。私もプロペシアをもらって使っても良いのでしょうか?>

単刀直入に言って、プロペシアは女性が使ってはいけない薬に指定されています。絶対に女性はプロペシアを使うことが無いようにしてください。

効能又は効果に関連する使用上の注意
1.男性における男性型脱毛症のみの適応である。他の脱毛症に対する適応はない。
3.女性に対する適応はない。〔海外で実施した閉経後女性の男性型脱毛症を対象とした12ヵ月間のプラセボ対照二重盲検比較試験(n=137)において、フィナステリドの有効性は認められなかった。1)

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 プロペシア錠0.2mg/ プロペシア錠1mgより。引用

プロペシアとは有効成分フィナステリドを配合した、男性のAGA(男性型脱毛症)の内服薬です。プロペシアは男性が使った場合でも副作用の危険性が高い薬なんです。

女性が使った場合には、その影響は計り知れません。まして、妊活、妊娠、授乳中ともなれば赤ちゃんへの影響も懸念されます。プロペシアを触ることさえ避けて欲しい薬です。

ですから、ご質問の方は安易に旦那さんに「ちょっとプロペシア使ってみたいから、多めに処方してきてもらる?」なんて事が無いようにしてください。

プロペシア自体は皮膚科医でも処方してくれる所はあるのですが、処方について無知な先生が居ないとも限りません。専門クリニックであれば、女性にプロペシアは危険だと理解していますので、まず処方される事はないでしょう。

突然、円形脱毛症になってしまいました。毎日200本以上の抜け毛があって困っています。こういった場合でも、皮膚科よりも専門クリニックの方が良いのでしょうか?

円形脱毛症は本当に辛いですよね。私も高校生のころに約1年近く髪の毛が生えてこない、円形脱毛症になりました。

円形脱毛症になった原因としては、ストレスや免疫疾患など色々考えられます。円形脱毛の場合には、薄毛治療とは違いますので専門クリニックへ行くよりも、皮膚科を受診される事をおすすめします。

何かしらのダメージを頭皮が受けていることで、円形脱毛症になっている可能性があるから皮膚科で頭皮を確認してもらいましょう。

ただし、注意してもらいたい事があります!円形脱毛になっているからと言って、安易にステロイド剤を処方してくる医者が居ます。こういった場合には注意が必要にでしょう。

ステロイド剤には副作用の危険性があります。副作用なんて無いとおっしゃる先生も居ますが、実際にはステロイド剤の長期使用は厳禁とされています。

とりあえず、ステロイド剤を出しておきましょう!こういった先生は信用されない方が良いでしょう。

※個人的な意見としては、円形脱毛はストレス(気にしすぎる)によって悪化していきます。基本的なスタンスとしては、「放っておけばいつか治る」という気持ちを持つ事をおすすめしたいです。

<女性の薄毛治療に使用される「パントガール」は妊活中の使用は出来ませんか?>

最近、専門クリニックで処方されることの多い飲む女性用育毛剤パントガールですが、薄毛治療薬の中でも副作用の心配が殆ど要らないタイプの内服薬です。

主な目的は、栄養分を補給して頭皮に送り込むことを考えた薬です。ですから、ミノキシジルやプロペシアのような副作用の心配はありません。

ですが、妊活中や妊娠中、授乳中と言うことであればパントガールの使用は控えた方が良いのでは、と考えています。 副作用が少ないとは言っても、やはり薬です。サプリメントではありませんので、何かしらの影響が体に出ても不思議ではありません。

ですから、パントガールの使用は控えてください。と言うのが、答えになります。