女性用育毛剤を購入する前に知っておきたい疑問

女性用育毛剤で即効性の効果のあるものは?

髪の毛がすぐに生える即効性がある育毛剤はアリません!

女性用育毛剤で即効性の効果のあるものは?

抜け毛や薄毛の悩みが出てくると、髪の毛がすぐに生える魔法の薬を探してしまいがちになります。即効的な発毛効果があると思い込んで使用すると、1ヵ月で効果がでないと育毛剤を止めてしまうパターンに陥りがちです。

育毛剤には発毛促進成分や育毛促進成分、頭皮の血行促進成分といった効果がある成分が配合されています。だからと言って、短期間で髪の毛が生える訳ではありません。

育毛剤を使用する場合には、継続的に半年くらいの期間をかけて使用していくことで、抜け毛や薄毛を改善していくことが可能なのです。これはヘアサイクル(毛周期)が関係しているからです。

毛は成長期、退行期、休止期の3相を周期的に繰り返します(毛成長周期)。この周期が適切に制御されることで、一生にわたって動物の体毛や頭髪が維持されます。

発毛サイクルの「休止期」を維持する因子より。引用

ですから、発毛効果がある育毛剤はどれ??と探すよりも、継続的に育毛剤を使用して薄毛対策をしていくことが重要です。抜け毛や薄毛から脱却できる近道になっていきます。

育毛剤は発毛効果だけではなく、頭皮環境を整える効果も期待できます。頭皮環境が損なわれていると、健康的な髪の毛は生えてはくれません。そういった点でも育毛剤を早く始めるのがおすすめなんです。

そこで、育毛剤の選び方や育毛剤への疑問について回答していきたいと思います!ぜひ参考にして頂いて、抜け毛や薄毛の悩みを改善してください。 抜け毛や薄毛の悩みを改善してください。

医薬品は効果○副作用×、医薬部外品は効果△、副作用○です。

前述したように即効性のある育毛剤は残念ながらありません。それは私が使っている医薬部外品の育毛剤だからではなく、医薬品の育毛剤でも同じ事が言えます。

そもそも育毛剤には医薬品と医薬部外品の2タイプのものがありますが、その違いについて少し解説しておきます。

⇒医薬品

  • 発毛が認められている成分を使って育毛剤にしているので効果が高い。
  • 体に作用させて発毛促進させるので副作用の心配が大きい。
  • 発毛に優れているのでAGAやびまん性脱毛症といったハゲ度が高い人向き。

医薬品の場合、発毛効果を持っているので効果がある・効果が高いと言えます。ですが、効果が高いからと言って髪の毛がすぐに、そして100%発毛する訳ではありません。すぐに生えると言った即効性はありません。

医薬品を使った場合でも、結局は半年スパンで使用して頭皮、毛髪の状態を見ていきます。

⇒医薬部外品

  • 育毛が認められた成分を使って育毛剤にしているので医薬品よりも効果が低い。
  • 体に作用させずに髪を育てていくので副作用の心配が殆ど要らない。

医薬部外品は、今生えている髪の毛を育毛していくタイプです。医薬品のように直接的に発毛させるパワーはありません。ですから発毛効果は低いと言えます。

育毛、薄毛、かゆみ、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進、ふけ、病後・産後の脱毛、養毛

育毛剤(養毛剤):脱毛の防止及び育毛を目的とする外用剤

ただ、育毛成分は配合されているので効果が全く無いわけではありません。また、医薬部外品を使用する場合でも医薬品と同じように半年スパンで継続使用をしていきます。

厚生労働省 医薬部外品の効能効果の範囲。より引用

良い育毛剤の条件とは?3つの条件を紹介します!

良い育毛剤の条件とは?3つの条件を紹介します!

私は育毛剤を探すため、女性用育毛剤に加えて男性用育毛剤も含め、100本以上の育毛剤を調べてきました。(実際に使ったという訳ではありません)

その中で、良い育毛剤に共通する条件がいくつか見つかりましたので、こちらで紹介させてもらいます。

配合している成分の添加物が少ないこと

育毛剤には有効成分と言われるものや、効果効能があるエキスを使った頭皮の血行促進、抗菌作用、保湿作用、フケ・かゆみ予防をしていきます。そして、製品のクオリティーを保つために添加物が使われています。

この添加物が多く配合されてしまうと、頭皮への刺激が強くなってしまったり頭皮環境を損なう可能性が高まります。

例えば、香りを付けるための香料ですが、これって育毛剤を使用する上で特に必要ない成分です。あとはアルコール類は製品クオリティーを保つために必要最低限で使っている育毛剤や全く使っていない育毛剤もあります。

必要最低限でないと頭皮環境を悪化させてしまう可能性が出てしまいます。

全成分の中には栄養分だけでなく不要な添加物も含まれていますが、添加物量が多かったり、添加物の種類が沢山使われているタイプの育毛剤は避けるべき育毛剤と言えます。

また天然成分を多く使っていることも頭皮に良い事です。天然成分を多く使っていたら良いという事ではありませんが、全く使っていないよりも使っているに越した事はありません。

配合成分の良し悪しは頭皮や髪の毛の状態に影響するので、とても重要なポイントです。

全額返却保証が付いている

全額返金保証とは、その名の通りでお金を全額返金してくれるサービスです。例えば育毛剤を購入してから30日以内など一定期間内に全額返金保証の手続きを済ませればお金を返してもらえます。

育毛剤によって、返金保証期間など細かい条件が決まっているので一概に言えませんが、製品を使用した後でも満足出来ない場合にお金を返金して貰えるので、使い始めやすいメリットがあります。

全額返金保証を付けているということはそれだけ、「自社製品に自信を持っている」という事にもなります。だって、効果を実感出来ない人が多数居たら、返金保証を使われ放題ですもんね。

返金保証期間の長さや、手数料などの設定は育毛剤によって異なります。トータルバランス的には、どちらにしても返金保証が付いている方が良いと言えるでしょう。

通販限定商品は価格がお得になりやすい

ドラッグストアや薬局など市販品の育毛剤は買いやすい反面、不特定多数の人が製品を取るのでまず全額返金保証はありません。

そして、価格もメーカー小売希望価格から大きくハズレない範囲でしか販売されていません。

一方、通販限定の場合ですと、ある一定層の方しか購入しませんので価格も特別割引などが導入されやすくなります。

また初回限定割引や定期コースで大幅割引などもあって価格がお得になりやすいのが特徴です。通販限定商品だからこそ出来るメリットも多いと言えますね。

以上3つの条件に該当する育毛剤を選んで使用するのが最もおすすめできます。ご自身で探しても良いですし、面倒な人はこちらで紹介している育毛剤の中から選んでみてください。

女性が男性用育毛剤を使ってはいけない理由とは?

女性用育毛剤と男性用育毛剤がありますが、女性が男性用育毛剤を使うことで頭皮の状態を悪化させる場合があります。もちろん、男性用育毛剤を使っても悪化しない女性もいらっしゃいます。

そういった人は男性タイプの頭皮状態で、オイリー系の方が多い印象です。

一方、一般的な女性は敏感肌で乾燥肌体質の方が多いので、男性用育毛剤を使うとアルコール分が多かったりするので頭皮状態を悪くさせてしまう場合があります。

男性用育毛剤と言われるタイプのものは、女性は避けるべき育毛剤だと思います。また、医薬品の場合ですと男性用と女性用では成分配合量が違っていたりします。これは男性と女性が使っても体に支障をきたさない量が違うからです。

女性が男性用を使った場合に重篤な副作用になる可能性があったりします。

たかが育毛剤とは言え、女性が男性用を使用するというのは色々な面で危険性が高いと言えます。

なぜ即効性がある育毛剤は無いのか?

即効性とは髪の毛がすぐに発毛することや髪の毛がぐんぐん伸びることだと思います。薄毛や脱毛が増えている状態ですと「ヘアサイクル」という髪の毛が生えて、成長して、脱毛していく一連の流れが乱れています。

ヘアサイクルとは

人間の毛髪は生えてから3~5年かけて伸び、いったん休む。そして、数ヶ月の準備期間の後にまた同じ場所から生えてくると、休んでいた毛が抜け落ちる。

東京医科歯科大学 毛を作る幹細胞の運命を追跡して 加齢性薄毛・脱毛の仕組みを解明。より引用

ですから、育毛剤を使用したからと言ってすぐにヘアサイクルが戻る訳ではないんです。

結果として、即効性のある育毛剤は存在しないと言うことになってしまいます。効果を実感出来るまである程度の期間、辛抱強く使用されることが重要です。まずは、頭皮環境を整えていくことを考えてましょう。

毛周期は、「成長期」「退行期」「休止期」に分かれて、それぞれの役割を行っています。成長期では、約4年~8年の期間を掛けて髪が成長していきます。この期間では毛母細胞の細胞分裂が活発に行われていきます。

退行期に入ると、毛母細胞の分裂も急激に少なくなり、毛球が徐々に頭皮表面に向かった上がっていきます。

休止期に入ると、いつ抜け落ちてもおかしくない状態となります。毛母細胞の細胞分裂は完全に停止してしまいますが、次の髪の毛が生える待機を始めています。

このようなサイクルが毛周期でヘアサイクルと呼ばれるものです。

女性の薄毛はホルモンによる影響が大きい!頭皮ケアが薄毛を改善予防させる近道

女性の薄毛に関係しているのがホルモンバランスだと言われています。特に女性ホルモンと薄毛との関係性が密になるようです。

女性にとって欠かす事が出来ないホルモンが「女性ホルモン」です。女性ホルモンは女性らしい体型を作るために大切になります。

女性ホルモンは分泌されますが、ずっと同じ分泌量ではありません。主に20代前半頃をピークにして徐々に分泌量が下がっていきます。女性ホルモンの分泌量が減少することで、女性らしさが失われていく原因となります。

この頃から、徐々に頭皮トラブルになる事が多くなってきます。結果として、細毛になってボリュームがダウンしたり、脱毛が多くなり毛量が減少したりしてきます。当然、髪質も悪くなってきてしまいます。

女性は30代からよ♪なんてことを言う人もいますが、最も女性らしくいられるのは20代前半までなんですよね(汗)これは人間として生きている以上は逆らうことが出来ません。

加齢による更年期障害や妊娠による薄毛も女性ホルモンが影響しています。女性ホルモンが少なくなる更年期や妊娠で女性ホルモンが貯まっていたものが、出産とともに一気に減ることで抜け毛が増えたりします。授乳期に抜け毛が増えてしまうのはこういった理由が原因です。お伝えしたいことは、

  • 女性ホルモンのピーク期を越えた女性は頭皮ケア&ヘアケアに力を入れるべき

と言うことです。若いころのように何もお手入れせずに放置しておけば薄毛になっても仕方ないという事です。ご自分の状況、症状に合わせて取り入れていくことで悩みを解消していけます。

もちろん、ヘアケアをしっかりと行いつつ生活習慣を見直しましょう。バランスの良い食事を摂ったり、質の良い睡眠を取ったりすることも大切です。ストレスを溜め込まないと言うのも実はかなり重要だったりします。

育毛剤を使いながら生活習慣を見直していくことで、薄毛の改善にも繋がりますし、改善したあとの予防にも効果的です。顔のスキンケアに美容液を使うように、頭皮の地肌に育毛剤を使っていきましょう。

育毛剤に即効性は無いので、一日でも早く頭皮ケアをスタートさせる事が大切なんです。

即効性のある髪の毛の増やし方なら「ウィッグの装着」を検討してみてください。

どうしても薄毛を隠したいのであれば、ウィッグの装着を検討してみてはいかがでしょうか?ウィッグであれば、装着するだけで髪が薄い部分を隠せるので、地肌も露出することなく薄毛が気になりません。

メリット

  • すぐに装着出来る手軽さがある。
  • カツラと比較すると安い値段で買える。
  • ちょっとした気になる部分だけにも使える。(部分ウィッグ)

デメリット

  • 装着する時に地毛や頭皮を傷める可能性がある。
  • 頭皮が蒸れやすくなる。
  • 地毛と同じようにお手入れが必要になる。

私自身、ウィッグを付ける最大のデメリットは、「装着せずには居られなくなる!」と言う点だと思います。ウィッグは即効性のある薄毛対策ですが、根本的解決策ではありませんよね。

ウィッグを付けたことで安心してしまい、ウィッグに慣れきってしまうと危険だと考えています。

ウィッグを手放せない生活になってしまい、いつでもどこでもウィッグを装着しないと出れなくなってしまいます。最終的には、ウィッグしているのがバレているかも?と考え始め、ウィッグする事に対して抵抗感を持つケースも出てしまいます。

病的な脱毛症であればウィッグを付けるしか、方法が無い場合もあります。それ以外に場合には、個人的にはウィッグの装着よりも根本的解決を目指すことにお金を使った方がマシだと思っています。

ですから、まずは即効性を求めずに女性用育毛剤をなどを地道に使って行く事をおすすめしたいと思います。

Q&A

育毛剤を購入する時の口コミや評価が当てにしても良いですか?

口コミや評価で悪いレビューを見かける事がありますよね。レビューでは育毛剤に「即効性」を求めている方が多くいらっしゃるように感じてしまいます。
  • 1ヶ月使ったけど全然効果を感じられなかった。
  • 1本しっかり使ったけど特に変化がなかった。
  • 育毛剤って即効で髪の毛が生えてくると思っていたけど、生えてこなかった。
こういった口コミや評価ですが、結果をすぐに求めてしまうのが原因です。何度もお話しているように、即効性を求めすぎると継続的に使用することを止めてしまいます。

そうなると育毛剤を使った意味は殆ど無くなってしまいます。

効果が無いと言っている人でも、数ヶ月に渡ってしっかりと使用してきた人の口コミ、評価なのか?を確認する事も大切になります。

シャンプーは薄毛対策になりますか?

残念ですが、シャンプーは直接的な薄毛対策にはなりません。頭皮を綺麗したりだとか、毛穴の汚れを取るといった効果は期待できます。

ただし、それは間接的なものなので、直接的な発毛効果だとか育毛効果はまずありません。

たまに、配合成分で効果がある成分も入っていますけど、最終的にはシャンプーは洗い流す運命です。浸透させるわけではないので、有効成分が入っていたとしても期待出来ません。

また、シャンプーのやり方次第では、頭皮に悪い影響を与えてしまう事もあります。シャンプーで薄毛対策を図ろうとするよりもシャンプーを正しく使って育毛剤の効果を高めてあげる方がより良いと言えますね。

女性が男性用育毛剤を使ってはいけない理由ってなんですか?

女性用育毛剤と男性用育毛剤がありますが、女性が男性用育毛剤を使うことで頭皮の状態を悪化させる場合があります。もちろん、男性用育毛剤を使っても悪化しない女性もいらっしゃいます。
そういった方は男性タイプの頭皮状態で、オイリー系の方が多い印象です。
一方で一般的な女性は敏感肌で乾燥肌体質の方が多いので、男性用育毛剤を使うとアルコール分が多かったりするので頭皮状態を悪くさせてしまう場合があります。
男性用育毛剤と言われるタイプのものは、女性は避けるべき育毛剤だと思います。また、医薬品の場合ですと男性用と女性用では成分配合量が違っていたりします。これは男性と女性が使っても体に支障をきたさない量が違うからです。
女性が男性用を使った場合に重篤な副作用になる可能性があったりします。
たかが育毛剤とは言え、女性が男性用を使用するというのは色々な面で危険性が高いと言えます。

女性が男性用育毛剤を使ってはいけない理由ってなんですか?

女性用育毛剤と男性用育毛剤がありますが、女性が男性用育毛剤を使うことで頭皮の状態を悪化させる場合があります。もちろん、男性用育毛剤を使っても悪化しない女性もいらっしゃいます。
そういった方は男性タイプの頭皮状態で、オイリー系の方が多い印象です。
一方で一般的な女性は敏感肌で乾燥肌体質の方が多いので、男性用育毛剤を使うとアルコール分が多かったりするので頭皮状態を悪くさせてしまう場合があります。
男性用育毛剤と言われるタイプのものは、女性は避けるべき育毛剤だと思います。また、医薬品の場合ですと男性用と女性用では成分配合量が違っていたりします。これは男性と女性が使っても体に支障をきたさない量が違うからです。
女性が男性用を使った場合に重篤な副作用になる可能性があったりします。
たかが育毛剤とは言え、女性が男性用を使用するというのは色々な面で危険性が高いと言えます。

記事まとめ

育毛剤の即効性についてお話してきました。

すぐに髪の毛を生やした気持ちがあるので、即効性を求めてしまいがちですが、総合的には即効性を求めないで継続使用する事が大切になってきます。

発毛効果のある医薬品を使用する場合でも、間接的な育毛促進効果などがある医薬部外品を使った場合でも同じです。

あとは、育毛剤の選び方も大切です。せっかく使うなら少しでも良い育毛剤を使っていきましょう。