女性用育毛剤を購入する前に知っておきたい疑問

女性用育毛剤で市販品の効果は!?ドラッグストアや薬局を調査!

女性用育毛剤で市販品の効果は!?ドラッグストアや薬局を調査!

ドラッグストアや薬局の市販品育毛剤でも効果は期待できます。

女性用育毛剤で市販品の効果は!?ドラッグストアや薬局を調査!

女性の抜け毛、薄毛問題は、10代や20代など若年層や30代のママさん世代で急増しています。

その影響もあってか、ドラッグストアや薬局にはシャンプーと同じように、男性用育毛剤だけではなく女性用育毛剤の市販品も多く陳列されていますね。

育毛剤は、頭皮ケアやヘアケアには最適なアイテムです。髪の成長を促したり、頭皮環境を整えたり、と抜け毛など薄毛に効果を発揮してくれるからです。

もちろん、育毛剤だけではなく、シャンプーのやり方や頭皮マッサージも重要になります。

当サイトへのご質問の中には、

  • ドラッグストアで販売されている市販品って効果があるのでしょうか?
  • 薬局で購入できる女性用育毛剤は抜け毛や薄毛を改善させてくれますか?
  • 市販品の育毛剤は効果が無いといった口コミがありますが、実際にはどうなのでしょう?
  • 育毛剤に配合されている成分は安全なのでしょうか?
  • 人気がある育毛剤は効果があると思えばいいのですか?
  • 結局のところ、どの商品も同じに見えてしまうのですが?

こう言ったご質問を受けるようになりました。

誰でも簡単に購入できる市販品は、価格帯が安い値段で設定されています。どれも価格帯が同じで、効果について疑問に感じてしまう人は多いですね。

私は、実際ドラッグストアで市販されていた女性用育毛剤を購入した経験があります。

その経験から、ドラッグストアや薬局で販売されている市販品の女性用育毛剤を、徹底的に調査してみました。色々と調べて感じた事は「市販品って安いだけで、抜け毛や薄毛に効果ないんじゃ無いの?」という、皆さんが疑問に感じたことでした。

抜け毛や薄毛に効果があるかどうかは、私的には「抜け毛や薄毛に効果のある成分を使用しているのだけは間違いない」という感じです。育毛剤として認可されていれば、有効成分を配合しているのは確実です。

医薬部外品」か「医薬品」に分類されている育毛剤は、一定の効果が期待できると判断できます。それが、ドラッグストアや薬局で市販されている女性用育毛剤であってもです。

育毛剤と名乗って、市販されている女性用育毛剤でも、そのほとんどが「医薬部外品」か「医薬品」に指定されているものですから、一定の効果はあると判断できます。効果が全く無いといった事はありません。

では、どういった部分に気をつけて育毛剤を選べば良いのかが重要です。医薬部外品と医薬品の違い、副作用や成分の見極め、口コミの信憑性などについてチェックしていきましょう。

医薬品と医薬部外品の育毛剤|効果の違いとは?

薬局やドラッグストアで販売されている薬用育毛剤には主に「医薬品」と「医薬部外品」の種類があります。まずは医薬品と医薬部外品の違いについて解説していきます。

医薬品の育毛剤

医薬品ですが、厚生労働省から治療効果があると正式に認められた成分を配合しています。

医薬品の育毛剤ですと、薬局やドラッグストアでも市販されているリアップが有名ですね。ドラマ相棒でもおなじみに俳優さんがCMをされている育毛剤です。

リアップは医薬品に分類され、発毛効果があるミノキシジルという有効成分を配合している育毛剤です。

実際にミノキシジルには発毛効果があると世界的に認められていますので、発毛効果があると断言しても良い成分なのが大きな点です。

一般用医薬品や要指導医薬品は、一般の人が薬剤師などのアドバイスのもとに薬局やドラッグストアなどで購入し、自分の判断で使用するくすりです。市販薬、大衆薬、OTC(over-the-counter drug)などとも呼ばれます。

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構。より引用

こちらは、一般用医薬品に分類されるものです。基本的には薬剤師のアドバイスを聞いて個人使用していきます。医療用医薬品のように医師の診断を必須としませんが、リスクがあるので気をつけたいところでもあります。

医薬部外品の育毛剤

医薬部外品のものが、比較的馴染み深いかもしれません。医薬部外品は、改善予防効果をもたらしてくれる成分を配合しているものを言います。

医師や薬剤師などの管理が必要ないので、誰でも簡単に購入できるのが特徴ですね。

育毛剤で市販されているほとんどが、医薬部外品タイプになっています。特徴としては医薬品よりも効果が緩くなります。ミノキシジルのように、発毛効果が認められた成分を配合していません。

その変わりに、育毛促進成分や発毛促進成分を配合して、改善予防効果を体に働き掛けていくのが特徴です。

副作用の危険が増すのは医薬品育毛剤!

医薬品と医薬部外品では、「副作用の大きさ」が違ってきます。この点は十分に知っておく必要があると思います。

医薬品には発毛成分が入っていますし、効果があると認められていますので、発毛に関して効果が高いです。

一方、医薬部外品は発毛成分は入っていない代わりに、効果効能を持った有効成分がなどが配合されています。微妙な言い回しの違いですが、発毛効果と発毛促進効果の違いがあります。

決定的な違いは効果よりも副作用にあると考えています。理由は、医薬品に使用される薬用成分ミノキシジルには副作用があるからなんです!

例えばミノキシジルですが、育毛剤リアップの成分を例にとって副作用について解説していきます。

リアップリジェンヌという女性用リアップには、100ml中にミノキシジルを1.0mg配合しています。一方で、男性用のリアップX5は100ml中にミノキシジルを5.0mg配合しています。5倍のミノキシジルを配合している事になります。

このリアップX5ですが、成人男性用限定で女性は使用禁止になっている記載があります。ミノキシジルの成分が非常に強く人体に作用するので、女性が使用すると副作用が出やすくからです。

使用上の注意
次の人は使用しないでください。
2 女性。

リアップX 取扱説明書。より引用

では、成人女性用のリアップリジェンヌの場合にはどうでしょうか?

この場合でも重篤な副作用が出る場合があります。

女性の場合、特に妊娠中や授乳中には絶対に使用してはいけません。赤ちゃんに対して悪い影響が出てしまう危険性があるからです。

もちろん、妊娠中でなくても、アレルギーが出やすい人、高血圧や低血圧な人、むくみのある人などなど。色々と使用することに規制がかかるのが医薬品です。

その点では、医薬部外品の場合、人体に作用させる力が弱いので大きな副作用が出にくいとされています。ただし、頭皮が赤くなった、痒みが出た、使用感が悪い、というような症状が出る可能性があります。

医薬品のように、妊娠中や授乳中の使用規制はありませんし、高血圧や低血圧でも使用できるメリットもあります。

医薬品の特徴
メリット
・発毛効果のある成分を配合しているので完全にハゲた人でも毛が生える可能性がある。

デメリット
・重篤な副作用の出る危険性がある。
・使用した初期に出る症状として初期脱毛により髪が抜ける場合がある。

 

医薬部外品の特徴
メリット
・副作用が殆ど無いので安心して使える。
・お化粧品のような感覚で使用できる。

デメリット
・発毛効果がある成分が入っていないので完全にハゲてしまった人にはおすすめできない。

市販品の育毛剤がおすすめ出来ない理由は成分にアリ!?

育毛剤を選ぶ上で大切なこと、それは添加物の配合量です!せっかく使う育毛剤であっても添加物が多く配合されているものを使ってしまうのは、良くありません。

添加物は、捉え方によっては危険な成分になってしまいます。とは言っても、全く配合していないのは商品のクオリティーを維持する意味で難しいと言えます。

問題は、添加物の配合量を少なくしているのか?ポイントになります。

育毛剤で言えば、香りを付けるための香料がありますがこれは添加物の一つです。育毛剤に全く必要の無い成分ですが、配合している育毛剤があります。アロマのニオイでリラックス効果が高まります!と言うメリットも考えられますが、基本的には必要ありません。

そういった点からすると、薬局やドラッグストアなどで販売されている市販の育毛剤は成分配合に疑問が残るものが多いと言えます。市販の育毛剤の場合、添加物の使用、不使用の明記が殆どありませんので、消費者には分かりづらいんです。私も、育毛剤について勉強するまでは、全然分かりませんでした。

厚生労働省から記載指定のある成分は明記してあっても、他の成分についてどこまで明確にしているかは定かではないんですよね。

ドラッグストアや薬局であればすぐに手にとって購入できる分、こういった不明な点が多いのでオススメしたくありません。私自信も安物の市販女性用育毛剤を使ってみた経験がありますが、効果は不明でしたし1本も使いきりませんでしたね。

添加物に気を使っている女性も多いはずなので、安易に市販の女性用育毛剤を使用するのは賢い選択と言えません。

添加物について記載がある育毛剤は、女性の事を考えている育毛剤だと私は思っています。購入する時に、添加物の量や添加物の使用不使用が明記されていない育毛剤は絶対に使いたくありません。

市販の育毛剤ですと、添加物の使用不使用について明記されているものはまずありません。薬局やマツキヨなどのドラッグストアでも確認しましたけど、記載が不明確なものばかりでした。

結論として添加物が不明確な育毛剤は使わない!というのが、育毛剤選びで大切なポイントです。

良い育毛剤に使われている成分やエキスって何?

育毛剤では、大体2種類~5種類程度の有効成分を配合しています。有効成分とは、育毛剤として認可を得るために配合した成分です。

育毛剤によって色々と有効成分に違いはありますが、大体の育毛剤が同じような成分を使っています。育毛剤に使われている有効成分について少しご説明しておきますね。

  • センブリエキス:血流促進、抗酸化作用、消炎鎮痛作用など。
  • グリチルリチン酸ジカリウム⇒抗炎症作用、抗アレルギー作用など。
  • 酢酸DL-α-トコフェロール⇒抗酸化作用や荒れた肌を正常にする作用など。
  • ジフェンヒドラミンHCI⇒血行促進作用、抗炎症効果、かゆみ抑制効果など。
  • ニンジンエキス⇒血行促進、肌荒れ予防など。
  • ニコチン酸アミド⇒頭皮を正常に働かせる作用など。
  • パントテニルエチルエーテル⇒頭皮細胞の新陳代謝アップの効果など。

他にもありますが、上記の成分を有効成分として配合している育毛剤が多いですね。

稀に商品独自の成分を使っている育毛剤もあります。独自成分で認められたものであれば、効果に期待待が持てます。その分だけ開発費も掛かるので、販売価格がやや高くなるのも特徴です。

実は、こういった有効成分には個人的に全く注目していません。

注目しているのは、有効成分以外の成分やエキスです。例えば、天然由来成分をどのくらい使っているのか?どう言った効果が期待できる天然由来成分なのか?と言った点です。

有効成分と言うのは、言い方が荒くなってしまいますが入っているのは当たり前。問題はその他の成分やエキスです。そして添加物の少なさも大切ですね。

この点では添加物と被ってしまいますが、市販されている女性用育毛剤では低クオリティと言わざるを得ません。市販の育毛剤の特徴として、大量生産が当たり前だからです。一つ一つのクオリティは高いとは言えません。

言い方が悪いですが、最低限の育毛剤だと考えてください。

そういった点では、市販品よりも通販限定で販売されている育毛剤は、競争が激しいので丁寧に作られているものが多いです。天然由来成分も、しっかりと配合してくれているのが良いポイントですね。

有効成分についてはあまり重要としていない。有効成分は医薬部外品として厚生労働省に認可されていれば確実に使っているからです。

有効成分よりも他の天然有効成分やエキスに注目してください。そういった成分やエキスによる育毛効果も必要になります。

通販限定育毛剤の方がしっかりと明記もされていますので、比較しやすいですし使いやすいです。全般的に市販の女性用育毛剤はエキスの種類が少なすぎる印象です。

市販品よりも通販限定育毛剤がお徳な3つの理由とは?

個人的には、市販品よりも通販限定品をおすすめしたいのですが、残念ながら通販限定育毛剤にもおすすめしたくない育毛剤は市販品同様に少なからず存在しています。

ですから、どういった基準を持って選べば良いのか?について解説していきます。育毛剤をスタートさせる人はチェックしておいてくださいね。

①全額返金保証付きでお徳に育毛剤を試すことが出来る!

まずは絶対に欠かせないのが、全額返金保証が付いているのか?です。全額返金保証と言うのは、商品を購入して○○日以内であれば商品を使った後でも購入代金全額返金しますよ!というシステムになります。

この全額返金保証について知らない人が多いようなのでビックリしたんですけど、ドラッグストアや薬局など市販の育毛剤には全額返金保証っていうのがまず付いていません。簡単に言ってしまえば、使っても使わなくてお金が返ってくることはありません。

どんな商品でもそうですけど、その人に合ったものがあるじゃないですか。例えば、あなたにはAという頭痛薬が効くけど、BやCの頭痛薬は効かないという場合です。育毛剤にもそういったものもありますし、使った感じが好きじゃないってこともあります。

そんな時に全額返金保証が付いていれば、返金してもらえので殆ど損しなくて済みます。(厳密に言えば手数料や送料を負担する場合があるので丸々全額という計算にはなりません)これって良いシステムだと思いませんか?

言い方は良く無いかもしれませんが、お金を返して貰える上に試しに使うことが出来るって訳ですね。

ですから、全額返金保証を付けているのは企業努力がかなり必要になるってことでもあります。だって効果が無かったり使用感が良くなければそれで付き合いは終わって、返金されておしまいです。

裏を返すと全額返金保証付きというのは、「企業努力がある、企業の本気度がある」とも受け取れますね。

②初回限定の割引価格キャンペーン中なら安値で購入出来る!

こちらの初回限定の割引価格キャンペーンはまさに通販限定の売りですね!絶対に市販の育毛剤では出来ないプランが沢山あります。

その中でも初回限定で安値で購入できるのが特徴の一つです。

やっぱり実際にところ、安値で購入したいじゃないですか(笑)私だって5千円する育毛剤よりも3千円の育毛剤の方が始めやすいと思っています。

ですから初回のみでも安値で購入できるというのはかなり嬉しいですよね。

こういったキャンペーンの場合ですと、定期コース限定だったりします。定期コースの場合ですと続けてくれるので安値にしやすい特徴があります。また定期コースは基本的に送料無料というプランが殆どですのでありがたいですよね。

基本的には初回限定キャンペーンをお徳に利用して始められると良いでしょう。

③電話やメールといったアフターサポートが充実!

通販限定育毛剤でも数少ないアフターサポート付きの育毛剤があります。こういったアフターサポートと言うのは使う側からしてみればかなりありがたいんですよね。

メールや電話サポートがあって、気になることなどは何でも無料で答えてくれるシステムです。しかも良いところが専門の診断士などを置いてくれていたり、レスポンスが早いのでモヤモヤしなくて済むってことですね。

私も、薄毛が心配になって育毛剤を使っていましたけど効果がありませんでした。そんな時にアフターサポート付きの育毛剤を始めたのですが不安な悩みが多くあって、本当に薄毛が治るのか心配でした。

そんな時にアフターサポートが付いていたので、色々と悩みを相談させてもらいました。

髪の毛の悩みですから、相談出来る人もほとんどいませんでした。専門的なアドバイスを電話やメールでしてくれるいうのは心強かったですね。

気になることがあれば何でもすぐに聞ける体制というのは、とてもありがたいシステムです。そのようなシステムがないドラッグストアや薬局の市販育毛剤というのはマイナス点だとも感じました。

以上3つのポイントを踏まえて、通販限定の育毛剤をご紹介させてもらいます。育毛剤の選び方が分からない人は参考にしてみてください。

ホルモンバランスの乱れが女性の薄毛を生む原因に!

薄毛になってしまう原因には様々考えられます。女性の薄毛では、加齢によるホルモンバランスの乱れによるものが多いです。

ホルモンについては、女性ホルモンのエストロゲン分泌量が関係しています。20代後半から30代前半にピークを迎えて、そこからは加齢と共にホルモン分泌量が減っていきます。

女性での女性ホルモン分泌

一生を通じて劇的に変化する。
月経がある時期は周期的に大きく変化する。
閉経後(平均50歳)は急速に低下する。

⼥性のライフステ ⼥性のライフステージを考慮した健康づくり。より引用

髪の毛の成長に関係があるとされる女性ホルモン。分泌量が減ってしまう事で、抜け毛を助長した脱毛症や成長が阻害されて細い髪の毛しか育たなくなってしまうのです。

本来であれば男性ホルモンによる影響を受けにくく、女性ホルモンが多いのでしっかりとした髪の毛が育ちやすい環境にあります。分泌量が減ることで女性ホルモンによる好影響が減り、男性ホルモンによる悪影響を受けやすくもなります。

最近では分泌量ピークの低年齢化も叫ばれているので20代前半でも薄毛に悩む女性が急増していますね。これは更年期障害の低年齢化にも関係しているとも言われています。

ですから、しっかりと育毛剤を使って薄毛対策を行う事が大切になります。

育毛剤をネット通販で購入する時に、口コミ評価は参考になりますか?

amazonや楽天市場でも女性用育毛剤は販売されていて、口コミ評価が掲載されているものがあります。私は口コミよりも成分などを評価して使うようにしていますので、あまり気にしていません。

ですが、ネット通販ですから口コミを見てから購入する方法はベターだと思います。

口コミを観る時に気をつけたいポイントは、実際に使用した人の口コミかどうか?です。ただ単に、商品の印象で書いた口コミ評価もあれば、本当に数ヶ月に渡って育毛剤を使用した人の口コミ評価もあります。

口コミでは評価点だけと観るよりも、実際に使った人の口コミかを観て判断される事をおすすめします。

あとは、育毛剤のサイトで「口コミ人気ランキング」みたいなものがありますよね。口コミ人気ランキングという縛り方をしているランキングはあまり当てにならないと思っています。

口コミ評価で大切なのは、自分の目で口コミを観て評価することです。

頭皮用美容液とは何なのでしょうか?育毛剤と同じなのでしょうか?

頭皮用美容液・・・・私も聞いたことの名前ですね(汗)色々と調べてみたのですが、頭頂用美容液ですので頭皮に塗る美容液だというのは分かります。

ただ、育毛剤とは違うものではないでしょうか。

美容液ですから、化粧品タイプのものを指していると思われます。実際に、化粧品タイプの育毛剤もありますが、スカルプエッセンスなどと呼んでいたりします。

育毛剤と呼んでいいのは、医薬品や医薬部外品といった厚生労働省から認可されたものだけになります。これらは、有効成分を一定量以上配合しているので育毛剤と呼んでも差し支えありません。

一方、スカルプエッセンスと呼ばれる化粧品タイプのものは育毛剤は呼べません。効果が無い訳ではありませんが、厚生労働省認可の有効成分を一定量以上配合していないからです。

ですから、頭皮用美容液は化粧品タイプのスカルプエッセンスだと考えてよいと思います。

もし、他のサイトで頭皮用美容液として育毛剤(医薬品や医薬部外品)を紹介していたら、それは呼び方を偽っているだけです。

一番大切なのは、医薬品にしても医薬部外品にしても、頭皮用美容液のような化粧品にしても、効果を実感出来るようなものを正しく選んで、一定期間使用し続けることが大切です。

記事まとめ

市販品の女性用育毛剤については、良い点もあるし悪い点もあるので、一概に評価をする事は出来ません。ですが、お伝えしたようにネット通販限定の育毛剤にはメリットが多くあります。製品的にも優れた女性用育毛剤が多い印象です。

市販品は手軽に購入出来て、安い特徴がありますけど、製品のクオリティーではどうしても劣ってしまう印象です。

今回おすすめした、ベルタ育毛剤、マイナチュレ、イクオス以外でもおすすめ出来る育毛剤があります。こちらの「2017女性用育毛剤おすすめランキング」を参考にしてみてください。

それと、育毛剤を使用する場合には6ヵ月程度の期間は継続するようにしてください。1ヵ月くらい使用しても、あまり良い効果は出ないと思っておいた方が最終的にはあなたが望む結果に近づきやすいと思います!

育毛剤は早めに始めるのが肝心です!完全な薄毛になってしまう前に育毛剤で抜け毛や薄毛対策をしていってくださいね。