女性用育毛剤を商品別に比較

リジュン(rijun)育毛剤の成分評価まとめ

女性用育毛剤リジュン(RiJUN)の評価について

今回は2017年に新発売された女性用育毛剤リジュン(RiJUN)について調査をしました。リジュンは医薬部外品ではなく化粧品扱いになるので、スカルプエッセンスというのが正式名称のようです。

さて、リジュン(RiJUN)はどういった効果をもたらしてくれるのでしょうか?女性の抜け毛や薄毛を改善、予防させることが可能なスカルプエッセンスなのか評価をしました。

それでは、早速調査した結果として評価をお伝えしていきます。リジュン(RiJUN)の使用購入ですが「使用購入可」としました。

理由72種類という数多の成分をナノ化処理している点や、他の育毛剤では使われていない最新成分「フルボ酸」や「リデンシル」を使用している。総合的に判断して、医薬部外品では無い化粧品タイプになりますが使用購入をおすすめ出来ると判断しました。

リジュン(RiJUN)の全成分表

成分 水、プロパンジオール、ペンチレングリコール、グリセリン、PEG-40水添ヒマシ油、BG、グリチルリチン酸2K、パンテノール、センブリエキス、ジフェンヒドラミンHCI、ラウラミンオキシド、水添レシチン、トコフェロール、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ショウガ根油、シア脂、マカデミア種子油、メドウフォーム油、リンゴ果実培養細胞エキス、コメ胚芽油、ヘーゼルナッツ油、カンゾウ根エキス、イチョウ葉エキス、アカヤジオウ根エキス、オタネニンジン根エキス、シア脂油、アボガド油、ヨモギ葉エキス、クララ根エキス、シャクヤク根エキス、酒粕エキス、アシタバ葉/茎エキス、ホップ花エキス、トウキ根エキス、ローヤルゼリーエキス、ノイバラ果実エキス、クチナシ果実エキス、クラドシホンノバエカレドニアエ多糖体、ホホバ種子油、ツバキ種子油、ブドウ種子油、アーモンド油、キサンタンガム、セージ葉エキス、オウゴン根エキス、ブドウ葉エキス、スイカズラ花エキス、グレープフルーツ果実エキス、月見草油、カニナバラ果実油、マタタビ果実エキス、カワラヨモギ花エキス、ゲンチアナ根茎/根エキス、ダイズ種子エキス、サンザシエキス、ボタンエキス、スギナエキス、セイヨウカマツカ球果エキス、ローズマリー葉エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ローマカミツレ花エキス、レシチン、クズ根エキス、レモン果実エキス、クレマティス葉エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、ヒバマタエキス、褐藻エキス、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、ニンニク根エキス、フルボ酸、チャ葉エキス、グリシン、塩化亜鉛、ピロ亜硫酸Na、フェノキシエタノール

リジュン(RiJUN)の主な注目成分と危険成分

フルボ酸 吸収されにくい成分を吸収しやすくさせる作用がある。
リデンシル 頭皮の炎症を作り出す物質を抑える作用や毛母細胞を増やす作用がある。

リジュン(RiJUN)ですが、危険度の高い成分の配合は見当たりませんでした。

全体的な成分としては、添加物「合成香料、天然香料、鉱物油、タール系色素、パラベン、紫外線吸収剤、シリコン、ホルモン、ラノリン、天然色素、香料・着色料」の11種不使用と、添加物が苦手な女性に配慮されています。

リジュン(RiJUN)の総合評価

リジュン(RiJUN)ですが、5点満点中4点としました。

医薬部外品では無く、化粧品扱いだったのでどういった育毛剤なのかと思いましたが、高評価出来る育毛剤だと感じられました。

化粧品なので、有効成分という成分は存在しませんが、一方的な育毛剤で使用されている有効成分「グリチルリチン酸2K、パンテノール、センブリエキス、ジフェンヒドラミンHCI」なども使われていて良いと思います。

医薬部外品扱いでは、これらが一定以上配合されている決まりがあります。化粧品ですので、決まった配合量よりは少ないのですが、配合されているのは○です。

リジュン(RiJUN)の評価で注目したのが、「フルボ酸」と「リデンシル」という成分です。この2つの成分は、私が育毛剤を調査してきた中でも、見られなかった新タイプの成分になります。

スカルプエッセンスですから、頭皮環境を整えることに一番力をいれています。頭皮環境を整えなければ、健康な髪の毛は育ってくれません。そういった意味でも、リジュン(RiJUN)は評価できます。

全額返金保証も90日間付いているので、じっくり時間をかけて3本使用出来るのも○です。

デメリットはあまり無いのですが、やはり市販育毛剤に比べると割高感があります。割高と言っても、ネット限定育毛剤の中では安い部類に入っています。

ナノ化処理や72種類の成分配合、添加物の不使用など細かい点まで配慮して製造しているので、それなりに金額が高くなるのは仕方ありませんね。

総合的な評価として、リジュン(RiJUN)は使用してみる価値が十分にあると判断できるスカルプエッセンスです。

リジュン(RIJUN)の詳細

発売元 株式会社ミスミ製薬
種別 化粧品
価格 5,960円(税抜)
返金保証制度 90日
塗布タイプ スプレー式
容量 100ml(約1ヵ月)
添加物 11種類不使用
取扱店 公式サイトのみ

合成香料、天然香料、鉱物油、タール系色素、パラベン、紫外線吸収剤、シリコン、ホルモン、ラノリン、天然色素、香料・着色料

リジュン(RIJUN)は株式会社ミスミ製薬から発売中のスカルプエッセンス(化粧品タイプ)です。72種類の成分を配合して、浸透力を高める処理「ナノ化」が行われています。

しっかりと毛根、毛乳頭まで成分を行き届ける事が出来るので効果の期待が高まります。添加物の不使用についても、「合成香料、天然香料、鉱物油、タール系色素、パラベン、紫外線吸収剤、シリコン、ホルモン、ラノリン、天然色素、香料・着色料」の11種類を使わないように製造されています。

新感覚タイプの成分「フルボ酸」や「リデンシル」を使っている当たりも評価できます。化粧品扱いになりますが、高評価できるスカルプエッセンスがリジュン(RIJUN)です。