女性用育毛剤に含まれる成分まとめ

育毛成分「酢酸DL-α-トコフェロール」女性への育毛効果や副作用を解説

酢酸DL-α-トコフェロールとは

今回は、酢酸DL-α-トコフェロールについて記事にしてみました。まずは、酢酸DL-α-トコフェロールについて紹介した後で、育毛効果や副作用、美容効果についてお話していきます。

酢酸DL-α-トコフェロールは、別名、トコフェリルリン酸ナトリウム、酢酸DL-αトコフェロール、ビタミンEリン酸ナトリウムとも呼ばれています。ビタミンE誘導体のひとつでもあります。

酢酸トコフェロールには、抗酸化作用と抗炎症作用がある為、紫外線から強いダメージを受ける肌を守る働きをしてくれたりします。

紫外線を受けることで、身体に活性酸素が発生し、身体の中の細胞を酸化させてしまいます。これにより、肌が老化してしまう上、肌トラブルも起こってしまうと言われています。

その為、活性酸素を取り除き、ハリと潤いのある肌を保つ為、酢酸トコフェロールが私達の身体の中でその効果を発揮してくれるのです。

抗炎症作用により、ニキビやくすみといった肌トラブルを予防する効果も期待することができます。

ビタミンE誘導体のひとつである酢酸トコフェロールは、育毛剤や女性用化粧品にも配合されているほど、様々なところで利用されています。

ビタミンEは多くの食品に含まれている。ナッツ類、種子類、植物油はα‐トコフェロールの最良の供給源であり、葉物の緑黄色野菜や強化シリアルにも相当量が含有されている。
アメリカ人の食生活において摂取されているビタミンEのほとんどはγ‐トコフェロール型で、大豆油、キャノーラ油、コーン油などの植物油やその他食品から摂取される

厚生労働省推進事業「総合医療」情報発信サイト ビタミンE摂取源。より引用

酢酸DL-α-トコフェロールの育毛効果について

酢酸DL-α-トコフェロールには、身体の代謝アップをはかり、血行を促進させる効果がある為、頭皮の育毛に良い影響を与えると言われています。

頭皮の血流不良は、頭皮を固くしてしまうだけではなく、薄毛の原因にもなってしまいます。その為、頭皮の血行促進させることで、髪の毛の生成に必要不可欠となる栄養素を、しっかりと頭皮まで運ぶことができるメリットがあります。

また、頭皮の余分な皮脂分泌は、毛穴が詰まってしまったり、抜け毛の原因になるなど、髪の健康にとっては悪循環となってしまいます。

この悪循環を解消するためには、酢酸DL-αトコフェロールが必要となります。

頭皮環境を整えることは髪の毛が生えやすい状況を作り出してくれます。そう言った点では酢酸DL-αトコフェロールは重要な役割を果たしてくれる成分と言えるでしょう。

また頭皮環境を悪化させる一因としては、血行が悪くなることがあります。俗に言う、結構不良ですがこれは様々な原因があると言われています。例えば、ストレスだったり、女性特有のホルモンバランスだったり、根本となる生活習慣の乱れも関係しています。

酢酸DL-α-トコフェロールは、女性用の育毛剤にも豊富に配合されている為、最近ではとても人気が高まっています。

尚、加齢による薄毛、また、抜け毛が気になるという方は、酢酸DL-α-トコフェロールを配合する女性用育毛剤の使用をオススメします。

酢酸DL-α-トコフェロールの副作用について

酢酸トコフェロールには、抗酸化作用や抗炎症作用がある為、頭皮を常に清潔に保つ効果を期待することができます。

しかし、過剰摂取することで、胃の不快感や下痢、便秘、吐き気といった副作用が現れる場合があります。もしも副作用が表れた場合は、使用を中止し、医師の診察を受けるようにしてください。

これは内服などの場合ですから、育毛剤に入っているものを使用した場合には関係ありません。

ヒトを対象とした試験においては、今回申請された使用の範囲内において推定されるビタミン E の一日当たりの最大摂取量(約 160 mgα-TE)程度では、特段の副
作用は報告されていない。

添加物評価書 酢酸α-トコフェロール 評価結果。より引用

酢酸DL-α-トコフェロールの美容効果について

酢酸DL-α-トコフェロールは、ビタミンE誘導体を化学合成したものです。ビタミンEはもともと紫外線に弱いという性質を持つ一方、ビタミンE誘導体は、紫外線の影響を受けにくいといった特徴を持ちます。

ビタミンEは酸化防止に有効な成分であることから、肌や頭皮の老化を防ぐことができます。

また、酢酸DL-α-トコフェロールには抗酸化作用があります。これは、紫外線を浴びて、薄毛や抜け毛を防ぎ、女性をアンチェイジングさせる効果を持ちます。

アンチェイジング効果も期待することができる為、美容液や化粧水などのスキンケア化粧品にも多く利用されています。

紫外線による頭皮のダメージを最小限に抑えることが頭皮の美容効果にも大きく影響してくると言えます。しかもそれだけではありません!代謝アップで血行を促進させ、肌が活性化することで頭皮環境をより良い状態でキープすることができたりもします。

 

まとめ

酢酸DL-α-トコフェロールについてお話してきました。酢酸DL-α-トコフェロールは育毛剤に使用されることの多い成分です。

抗酸化作用や抗炎症作用があるので、頭皮環境をより良いものにする上でとても良い成分だと言えますね。

副作用についても、育毛剤に入っている量であれば問題になりませんから、怖い副作用を心配する必要もありません。